コーヒーエネマと肝臓

長年便秘で悩まされてきたワタシです。

過去記事 ワタシの超便秘歴史

ワタシがコーヒーエネマを行ったきっかけはもちろん便秘解消です。
コーヒーエネマを行うことで、当然便秘は解消しました。

でも考えてみると、コーヒーエネマが便秘に良いのは当然として、便秘解消するだけなら、何もコーヒーを利用する必要ないじゃんって思いませんか?
腸に注入するのは「きれいなお水」だけでいいんじゃないって?
そうなんですよ、おっしゃるとおりなんです。
実際にそうしている方もいるようですね。

じゃあなんでわざわざコーヒーなんですか?

そう、なんでわざわざコーヒー液を入れるか、なんですよ。

それは「コーヒーエネマによる肝臓の効率化」が目的なんですね。
最近コーヒー飲むと肝臓に良いということは言われていますので、
ピンってくる方いると思いますが、まさにそれです。

肝臓は本当に色々やっています。体の酵素を司る器官といっても過言じゃないです。肝臓はざっくりいうと、「毒素をキレイにする器官」です。

コーヒーエネマをすると、肝臓は毒素排出しやすい上に、処理する毒素や老廃物自体が減り、肝臓と腸の相乗効果が生まれる、ということです。

卵が先か鶏が先か、になっちゃいますが、ちょっと流れを書いてみます。

たとえば、肝臓は食事で採ってしまった有害物質を解毒するのも仕事です。
たとえば有名なトランス脂肪酸、あれは分解するのが非常に大変なんで
食べるのは控えましょうってことです。

肝臓は処理し終わった変換後の毒素を最後に十二指腸に戻してくるんですよ。
「あとはよろしく、排泄してね」って。
肝臓から胆汁とともに十二指腸へ送られます。

便秘の人は排泄できないから、当然それを溜め込みます。その毒素は血液とリンパ液を通じて体中をめぐりマイナートラブル(酷い時は病気)に繋がります。

肝臓の動きが悪いと処理切れません。体内解毒効率は悪化します。
肝臓は十二指腸に送りますが、便秘ですと排出できずに溜め込んでしまいます。

ここでコーヒーの出番です。

コーヒーエネマのコーヒー成分は大腸から吸収され門脈を経過して肝臓に入り、肝臓の毛細血管毛細胆管を拡張し、少胆管も拡張します。
肝臓にある毒素や老廃部はコーヒーエネマにより分泌促進された胆汁と共に少胆管を通して十二指腸へスムーズに排出されることになります。
そしてこれをコーヒーエネマと一緒に排泄する、という流れです。
排泄がよくなると、肝臓に行くはずだった有害物質や老廃物が減りますので、
さらに肝臓の負担は減ります。肝臓的には一石二鳥ですね。

ということで、ざっくりまとめますと

  • 直腸、大腸にはいったコーヒー成分は門脈を通じて肝臓へ
  • 肝臓はコーヒー成分により活動が活発になる
  • 活発になった肝臓は毒素や老廃物を排出しやすくなる
  • 腸内の毒素や老廃物が減るので肝臓は負担が減る

企業でいうと、いつも忙しい経理の人(肝臓)が、ITツール(エネマ)を導入したら情報共有が潤滑になり、ムダな雑務も減るが、システム管理が大変なので、どうせなら、とクラウドツール(コーヒー)にしたらコストも下がり、支店間の情報共有も飛躍的に改善した、そのついでに営業部(腸)も売上管理(便秘)に困っていたので一緒にそのクラウドツールを使ったら相乗的な効果が出ました。

という感じでしょうかね。 分かりづらいですね。笑

コーヒーエネマにおける便秘改善はむしろオマケなんですね。

肝臓は痛みの緩和もするそうです。コーヒーエネマが始まったのは、野戦病院だそうです。負傷者の痛みや苦しみを和らげることはできないか?という視点から実験的にはじまったそうです。またこれは改めて書きます。

その他にもいろいろありますが、ワタシとってのコーヒーエネマは
便秘改善という「大きなオマケ」の恩恵を受けながら、他の恩恵も受けられる
すばらしい方法と思っております。