コーヒーエネマ液の作り方

これは結構記事が転がっていますので、あまり細かく書く必要ないかなとは思っていましたが、コーヒーエネマ推しとしては一度書いておくか、とワタシの現時点の作成方法をまとめておきます。

これがワタシのエネマキットです。

スリムエネマ(Amazon)

ご注意:Amazon商品検索で「コーヒーエネマ」で検索するとアダルトジャンル扱いになります。なんででしょうね、浣腸だからかな?
どうしてもAmazonで購入したい方は、リンクから飛ばれることをオススメします。

スリムエネマ(楽天)


ちなみにワタシは溜まった楽天ポイントで購入しました。

ワタシ的コーヒーエネマ液の作り方

材料と用具

  • 良い水1L(水道水はダメ、せめてブリタ利用した水)
  • 有機レギュラーコーヒー大さじ1~2
  • 市販のエネマバッグ、エネマキット
  • 鍋(コーヒー豆も煮出すので、やかんは使いません)
  • コーヒーを入れるフィルター

鍋にきれいな水を約500ccほど沸かしながら、コーヒー豆を投入します。
量は適当です。10分~20分煮出します。

火を止めて、上記のコーヒー液を 普通にコーヒー入れる時と同様にコーヒーフィルタを通し、フィルターを通して豆を除去します。くれぐれも火傷にはご注意ください。
布でコーヒー豆除去する人もいるのですが、布は使い捨てできないので、ワタシは一般のコーヒーフィルタを利用しています。

なぜコーヒーを煮出すかと言うと、その方がコーヒー成分がよく出るそうです。
こだわる方は出来るだけ豆を細かく引いた物を使うようですね。

ワタシも最初はコーヒーを、通常の飲料用のようにフィルタとポットで入れていましたが、海外のコーヒーエネマ利用者のYou Tubeを見ると、煮出している人が多いので、その方法に変えました。
感心のある方はYou Tubeにて「coffee enema」で検索してください。
結構動画もありますよ。

煮出すとコーヒーはいつも飲む透明感のある美味しそうなコーヒーではなく、薄い濁ったコーヒーとなります。飲んだことはありませんが。
飲料コーヒーとしては「かなりまずい」と思います。
香りをかぐと、レストランでたまに出てくる「あ、このコーヒー、回転わるくて相当放置だな、渋くてまずいわ」というアレを思い出します。

幸い、腸はお味はわかりませんので、気にしませんが。

その濁ったコーヒーにきれいなお水を足して大体1Lにします。
その過程でほぼ適温になります。適温は、手で触って確認します。
ワタシの場合「ぬるすぎて風邪を引く」お風呂の温度です。
お風呂で丁度いい温度はコーヒーエネマには少し熱く感じます。

あえて温度は正確に図らない事にしています。
最初は正確な測定が必要かな?と思いましたが、慣れればなんの問題もありませんでした。
温度計を利用すると手間が増えます。毎日やることなので、手間は絶対減らしたいので、「手で測る!」を実践しています。
多少温度がずれても問題はありませんので。手での測定が心配な方は、ぬるめにしましょう。

「手で測るとバイキンが入るのでは?」と思う人はとっても心配症ですね。
手を洗ってから準備すればいいと思いますので後は好きなようにしてください。
仮に少々入ったってどうですかね。

以上がコーヒーエネマ液の作り方です。

コーヒーエネマ注入時のコツ:空気を抜く

注入前に、潤滑油を塗りますが、その前後にエネマキットのチューブに入った空気を抜いておくことをオススメします。
簡単です。ストッパーを開放して少し捨てるんです。すぐ空気抜けます。
ちょっとだけなので勿体ないと思わず、やってください。

というのも、慣れるまで、お腹に空気が入ってくる感覚が少し気持ち悪いです。
コーヒーエネマには慣れましたが、ワタシはできるだけ抜いておくようにしています。

これは日本のブログでは書いていませんが、海外You Tubeでやっていました。
すでにコーヒーエネマ体験者の方もいらっしゃると思いますが、「あの空気がボコッて感じ嫌ねー」と思う方ぜひお試しください。

以上、ワタシのコーヒーエネマ液づくりとちょっとしたコツでした。
なんか適当ですね。

コーヒーエネマって、人それぞれだと思います。
体格、体調、食生活、性格によって本当に自由にしたほうが良いです。
とにかく無理をしないで細々と続けられたらいいですね。

過去記事  コーヒーエネマのコツや初心者の心得

几帳面な方はご自分なりの作り方を考案してくださいね。
ワタシは適当に、簡単に、手間をかけずに、ざっくり行いたい派なので
そういう方にご参考頂けたら幸いです。
几帳面な方は「へー、こんなに適当でも大丈夫なんだ」くらいで参考にしてください。