拡散とクレーム

ワタシはクレーマーです。クレーム推進者です。

過去記事 クレームのすすめ

クレームの大きな表現方法としてSNSなどでの拡散があります。

拡散賛成派です。

ワタシも酷いクレーム対応されたら、拡散してやろう!と
いつも思っています。当然です。
痴漢にあったらとっ捕まえて大騒ぎしてやろう、と思っているけどなかなか会わない、みたいな感じですかね。ちょっとちがうかな?

まあ今はブログで細々と公開する程度ですが、今後は酷い企業にはみせしめに
やろうと思います。
ただ、ちゃんとしたクレーム行為を実名で行って、それでも理不尽なら、という条件付きです。企業に問い合わせやクレームもせずに、誹謗中傷的に行うのはただの犯罪です。

これは拡散してやろうか、と思うようなものもありました。

過去記事 エプソンへクレーム

謳っている機能が使えなかったので、これは怒りました。
サポートものらりくらりしやがって…と怒り爆発でした。

ただ、Amazonが助けてくれたので、事なきを得ました。
※経緯はぜひお読みくださいね。

でもクレームをちゃんとしていると、あんまりそういう事無いんですよね。
話し合うって本当に大事です。

逆に、商品は自分の求めるものではなかったけど、
サポートが親切すぎてファンになった事は結構あります。

過去記事 エレコムへのクレーム

周辺機器はもうエレコムでしか買わないぞ!くらい良い対応でした。
感激しました。そして、そういう会社はいい商品だしていますよね。

クレームで得られる副産物

クレームで得られるメリットは、次回の買い物に役に立つことですね。
くだらない選択肢が減らせます。

たとえば

ワタシは二度とエプソンの商品は買いません。

と決めました、決めつけですね、間違いありません。

ただ、次回プリンターを買う時は、「エプソン」という選択肢が一つワタシの中で消えましたので選択が非常に楽になります。

だって、問い合わせしたら「のらりくらりのダメサポート」しかいないメーカーの商品なんて、この物余りの世の中で、不要ですよね。

プリンターはもはや「衰退産業」です。オワコンです。
だって、スマホやPCやwebサイトやアプリが普及すればするほど、
印刷する必要性がなくなってるんです。
だからエプソンからしたら、
「売上目減りしている製品のめんどくさいユーザーは邪魔」なんですね。

ただワタシは「エプソン」と名がつく商品は一切買いませんし、人にも反対します。それがアプリケーションだろうと、なにかのサービスだろうと、同じです。

企業の持つ「理念」はクレームで伝わる

たまたまサポーターの当たり外れだったんじゃない?
という考えもありますが、これはそうではありません。
ワタシはエプソンのサポーターと3人話ました。
責任者まで出してもらいましたので、間違いないです。

どれだけ彼らが「画一化」しているか、マニュアル化し、徹底した指導と管理をサポーター達に行っているので、「イズム」が確実に出ています。
これは企業の理念なんです。ユーザー側からみたら、怠慢です。

「釣った魚に餌をやる」という言葉がありますが、ファンにするにはそれが必要です。いわゆるアンバサダーの生成ですね。
ファンになれば、人にススメ、ブログですすめ、SNSで良い拡散をしてくれるはずですから。

いろいろありますが、普段不満を持っている商品があったら、問い合わせやクレームしてみませんか?
ほんとに色々なことが見えてきます。