腸内環境を調べてみた

コーヒーエネマを初めて3ヶ月が経ちました。

あれだけ便秘だったワタシは便秘とすっかり無縁になりました。

過去記事 ワタシの超便秘歴史

便秘レベルは自慢じゃないですがマックスと言えました。
年数や状況から言って、レベル99だったと自負しています。

毎日出せる、便秘を解消する、ということは、自分には絶対無理と思って生きてきたので、これはほんとにありがたいことです。

そんなワタシの腸内環境、悪かったに決まっています。
良いわけがないです。そりゃそうですよ、1週間は出ないんですから。

でももしかしたら、コーヒーエネマで改善しているかも??

と期待していました。
前々から、腸内環境の検査をしてみたいと思い、色々調べてはいました。
最近はネットで手に入りますからね。
ところが

検査キットが高い

安くても10,000円、高いものだと20,000円以上、
ちょっとすぐには手が出ない状態でした。
別に買おうと思えば買えちゃうんでしょうが、検査初心者には敷居が高い。

こんなことで10,000円以上使うなんて、厳しいな、でも知りたいな、
絶妙な金額だな、うーん。
数日は悩みながら、色々なキットの口コミなどを調べてみました。

それでも「コーヒーエネマやってて、自分の腸内環境がどうなっているか知りたい。」ワタシの好奇心は抑えきれません。

そんなワタシが調べて見つけた検査キットが
ヘルスケアシステムズのカラダチェック「腸内環境検査」という商品でした。

大学発のベンチャー企業だそうです、ちょっとおもしろそう。

3,000円程度で気軽に検査ができるのです。
なぜ安いかと言うと、
大きな理由は「尿検査だから」のようです。

検便じゃなくて尿検査で診断する

腸内環境検査なのに、検便ではないんですね。
これは結構意外でした。

通常の腸内環境は便から行うそうなんですが、
この検査キットは尿に出てくる「インドキシル硫酸」を測定します。

インドキシル硫酸とは

腐敗物質のひとつである「インドール」は、「インドール生産菌」によってつくられます。
腸内環境が悪くなるとインドールの量が増えるます。
インドールは肝臓で「インドキシル硫酸」へ変化します。
その「インドキシル硫酸」は血液で体内をめぐり、尿として排出されます。
尿中の「インドキシル硫酸」は、ほとんどが腸内細菌由来と考えられています。

と、いうことで、

尿内のインドキシル硫酸排出量が多い=腐敗物質が多い

となるそうですね。

だからこの物質の量を測定することによって腸内の環境を推し量ることができる

というのがこのキットの目的であり主張なんです。

「なんだ、なんだか回りくどいな」と思われるかもしれませんが
ワタシはこれは根拠として成立と考えてよいのでは?と思い購入しました。

インドキシル硫酸測定値からどうやってわかる?

じゃあ、その測定値からどうやって腸内環境を判定するか、ですが
その測定値をこのキットを利用した、全国ユーザーの平均値と比較してみましょう、ということです。
絶対値ではありませんのでご注意ください。
ちなみにこのユーザーさんは全国1000名以上だそうです。(2020年1月時点)

なんだ、たった1000名か、と思う方もいるかも知れませんが、
1000名の平均値と比較するなんて、すごいことです。

なんていっても3,000円程度。
これは試す価値があるぞ、ということです。

検査方法は簡単でした。

注文すると、キットが到着します。
小さな箱が送られてきました。この中に、尿検査キットが入ってます。

そこに尿を入れます。
なおこの時、朝一番の尿にすることをオススメされています。
なかなか朝は忙しいので朝イチに取るタイミングがなく、キット到着から3日後くらいに採尿しました。
また、中間尿を採取するように(出だしの尿ではなくて、少し出してから途中の尿を採取する)とも説明書にも記載されています。
これは出だしの尿には外部的菌などが存在しやすいので、少し出してから中間尿を採取しましょうという尿検査の基本です。
尿検査をしたこと有る方ならご存知ですよね。

そして、ヘルスケアシステムズのWEBサイトにアクセスして、マイページに自分の情報を登録します。検査キットID番号もありますので、これも登録したり、控えを取ります。
ちなみに説明書に検査キットID番号は、マニュアルに書き留められるようになっています。けっこう親切設計です。

尿を取ったら専用封筒に入れてポストへ投函します。
これも準備されていて、これまた親切設計です。

数日すると、登録したメール宛に「検査完了のおしらせ」が届きます。

そこからマイページにログインすると、検査結果が見れるんです。

ワタシの検査結果

さて、WEBで閲覧できたワタシの検査結果を公開します。
販売者様のサイト画面を掲載します。

引用 ヘルスケアシステムズ カラダチェック マイページ

平均  45.1
ワタシ 29.3

平均にくらべて、ワタシの「インドキシル硫酸測定値」が低いです。

数値が低い=腐敗物質が少ない

ということです。イエーイ。

引用 ヘルスケアシステムズ カラダチェック マイページ

ワタシの腸はなんと「やや好腸」とのこと。
お約束どおり「好調」と「腸」をひっかけているところがいい感じです。

でも正直「え?ワタシが好調?」と驚きました。
検査結果はまだ続きます。

引用 ヘルスケアシステムズ カラダチェック マイページ

ワタシの結果は全体の上から2番めのグループである「Bランク」とのことです。
ちょっと分け方荒っぽくない?と思いますが、
3ヶ月前まで超絶便秘だったワタシが上から二番目とは考えられない結果です。

思ったよりワタシの腸内環境が良い理由は

超絶便秘だったワタシが意外と「悪くない結果」が出ました。
これはどう考えても

コーヒーエネマで便秘解消したから

としか言いようが無いと思います。

ちなみに試した検査キットは、これです。(楽天)


Amazonだと、これです。価格は大きく変わりません。

ワタシはポイントが溜まっている楽天で購入しました。

簡易検査ではありますが、とても参考になりました。

なお、このキットは腎臓に持病などをお持ちの方はご利用出来ないと思いますので、詳しくは販売者にお問い合わせください。

今回、悔しいのは、
コーヒーエネマを始める前に 検査したかった、という事です。

まあ、あの劣悪な状況で検査するのはさすがに出来ませんでした。
絶対悪いに決まってましたから。

ただ、この検査キットを使う人って、どんな人が多いのか、気になりました。

「絶対俺の腸内環境は悪いに決まっている!」という方が利用するんじゃないかなって気がします。
だって心配ない人からしたら、検査キットなんていりませんよね。

この商品の検査結果アドバイス

なお、検査結果に一応アドバイスはありますが、正直あまり詳しいものではありませんでした。
どうしても「バランス良く食べる」とか「運動する」とか「ストレス溜めない」とか、コメントは一般的になりますので、ワタシはあまりそこは気にしませんでした。

朝のテレビ番組の占い並みに「当たり前」の事しか言われないのはどこも同じですから。
それより全国の方と数値比較ができるというのが面白いと思います。

でも一度試して結果がわかると、前向きになりますね。
このキットを試す前のワタシとは気持ちが雲泥の差です。

そんな前向きになったワタシは、次はこのキットを試してみたいと思っています。

ちょっと高いんですが、腸内フローラが測定できるとのこと。
いろいろありますが、フローラ検査チャレンジ報告は後日させて頂きます。

最後までお読み頂きありがとうございました。