コーヒーエネマをするコツや 初心者の心構え

二ヶ月のコーヒーエネマで、必要と思ったことを書いてみようと思います。

  • 焦らない、無理をしない
    結果が出ない、と焦ってしまうと良くないです。
    なんかおかしいな?と思ったら、我慢しないで排出するとか、体調が悪かったらその日はおやすみとか、とにかく無理はしないことだと思います。
  • 自分に合ったスタイルを模索する
    コーヒーの種類、濃さ、量、時間、マッサージ方法、全てにおいてこれがベストということは無いと思います。日によって体調も違うので、量が多すぎたり少なすぎたり、必ずあります。
  • 最初はやるなら毎日行う
    特に最初は毎日やったほうがいいです。「無理をしない」と矛盾するように聞こえますが、毎日やると慣れるからです。2日おきとかですと慣れるのが遅くなります。出来たら毎日やりましょう、慣れたもん勝ちです。
    他のサイトの方は「最初は2回/1日やったほうが良い」という方もいらっしゃいます。時間の問題があるのでなかなか一日数回は出来ないと思います。ですが、一日一回、数分だけでも行ったほうがいいです。例えば、注入だけして、ホールドせずにすぐ排出、でもいいかもしれません。
  • スマホに頼ろう
    これはつくづく思いますが、スマホ重要です。
    初めてやるときは、とっても不安です。ワタシは数日間、不安に中でコーヒーエネマにチャレンジしました。なんかあったときに、本やPCではすぐ情報が見れません。コーヒーエネマは寝転んだり、トイレに籠ったり、時には浴室で行ったりします。
    スマホを持っていれば、心配なことがあれば参考サイトを見ながら行うほう事が可能です。

慣れると、何も無くてもできるようになります。怖いのは最初だけした。
ホールド中もyoutubeでも見ながら、本でも読みながら、仕事のメールを打ちながら、お好きなようにすごせばいいと思います。

薬とは違い、「何錠を1日2回」とかもありません。
1000cc以上注入しなければいけないということもありません。
ワタシは身長が150cm程度で小柄なのか、800cc程度ですと楽にホールドすることが出来ます。ホールドの目標時間は大体10分~15分の間です。それ以上はホールドする必要はないそうです。
このホールドには意味があります。便秘改善だけでしたら、そんなにためておく必要はないですが、直腸と肝臓はつながっており、コーヒーの成分が肝臓の胆汁液を増やし、肝臓を活性化させます。肝臓は解毒機能器官なので、この活性化により、不調を改善するそうです。確かにそうでなければ、わざわざコーヒーはなくてもきれいなお湯でも良いはずです。

最初、この理屈を聞いた時は信じがたいものがありましたが、実践している今となっては「確かにそうかもしれない」と思わされます。

ワタシがチャレンジするきっかけをくれた参考サイトです。
「ガンからワタシを救ったコーヒーエネマ」
https://enema-coffee.com/
ご興味が有る方に、ぜひ読んでいただきたいです。

いろいろありますが、初めての時は慌てず、ゆっくり、諦めず続けていければ良いのかなと思います。