クレームは誰がやるべきか

ワタシはクレーム推進者です。
正しいクレームをすることで、
人生を豊かにしよう、という考えです。

この記事を読んでいただきたい方

  • クレーム出来ずにモヤモヤしている
  • 自分じゃ交渉できないから人に代行しようか迷っている
  • なんとなく「クレーマー」についてググっている

そんなワタシがとっても気になるサービスがありました。

苦情(クレーム)電話代行です。

面白いですねー。
どんな方が対象かというと

素直で真面目な人ほど鬱憤を溜め込んでしまいがちです。
しかし、いつまでも我慢していると身がもちません。
言いことや訴えたいことがらがあれば思い切ってはなすのも
ときには大事です。

https://baitodenwakowai.com/

だそうです。同感です。
「なんで私が我慢しなくてはいけないの?」
と思っている方です。

時間も金も使って
迷う、選定するという
精神的パワーを使って
結果、嫌な思いして
我慢する、泣き寝入りする

5重苦です。

これをどうして受け入れる必要があるんでしょうか?
我慢する必要なんてありませんから。

さて、この代行サービス、
ワタシは勝手にですが、
ああ、同じ方向のお考えの方だ!
と共感しています。

このサービスの面白いところは
「なりすまし」に対応するそうです。

なりすまし?っていうと危なく聞こえますが、
「あなた(相談者)になりすまして苦情をいいます」
ということです。

仮にAさんが相談者でしたら、
電話するのは請負人のBさんです。
Bさんは「私はAです」と
言って苦情するんですね。

どうしても話や交渉ができない!
という人もいるかもしれませんので
ワタシはありなサービスだと思います。

「必殺仕事人」というドラマを思い出しました。
ひどい目に合わされた人が、
仕返しを仕事人に依頼する時代劇です。
若い人は知らないかもしれませんね。

こういった第三者にクレームしてもらうのは
当然冷静にもなれますし、
クレーム初心者さんがやるよりは
クレーム成果は高いかもしれませんね。

退職代行サービス

クレーム代行サービスに似ていますが
少し前に話題になった退職代行も
同じ種類のサービスです。
これは有名どころですね。

退職代行「EXIT」

この画像がおもしろくてつい笑ってしまいました。
鼻水まで出ています。(2020年3月時点)
サイトは面白いシンプルなサイトで個人的に好きです。

このサービスは、
退職したくても会社に言えない
言ったけど聞いてもらえない人の代わりに
退職の交渉を行ってくれます。

これも交渉代行、いわばクレーム代行サービスですね。

何社も退職してきたワタシには、
なぜこのようなサービスが増えているか
ちょっと不明です。

ただ、よく考えると、
我慢していやな会社に勤めているよりは
とっとと辞めて次の人生を歩もうよ、
ということでは非常に有効と思います。

なお退職代行料金は 
正社員50,000円、アルバイト30,000円です。

というわけで、

あらゆるクレームは代行することができます。

そうですね、クレームは代行可能なんです。

現存するクレームの最終代行者は弁護士さんですね。
弁護士さんは法律を基準に依頼人のクレーム代行を
するのが仕事です。
最終的にもうどうしょうもない問題を
解決するには弁護士さんが必要ですね。
離婚、事件、多額の経済的賠償などなど、
「もうガチンコしかないですわ」
のときにお世話になります。

ワタシの考える
人生におけるクレーム相手先一覧です。

1 企業:安価商品、サービス購入
2 企業:高価商品、サービス購入
3 企業:自分の勤める会社
4 個人:友人、知人
5 個人:パートナーなど並列な人
6 個人:兄弟、姉妹、親戚
7 個人:親、子供

ざっとこんなところだと思います。
数字が上がるほど、
揉めた時の交渉成立難易度は上がります。

理由はシンプルで、
身内の揉め事ほどやっかいだからです。

クレームできない人は
1~3の経験値が皆無です。
それでも、ある日揉め事は突然やってきます。

そしていきなり
5 パートナーとか、7 親 
とかとでっかく揉めるので
相当苦労します。

苦労というのは、交渉慣れがないので
精神がやられるんです。

精神が不安定だと
感情的になりすぎたり、
大事なポイントを抑えられずに見逃してしまったり
理屈を詰めきれなかったり。
結局大きく損をします。

離婚問題で揉めて揉めて裁判→ 精神的ダメージで鬱
ということはめずらしくないですね。

1~3などの企業相手でさえ経験ない人は
4以降の人間関係がある相手と
交渉するのはとても難儀になります。

「身内なら大丈夫よ」
という方もいますが、
大間違いです。

ところが、1~3などの企業相手すらも苦手で、
交渉を避けて泣き寝入り癖が着いている人でも、
どうしようもなくクレームせざる得ないときが
やってきます。

「よし!今回はクレームしてやろう!」となります

お金で解決するか、
人に頼んで代行という現象が発生します。

人にクレームしてもらうのは良いか

クレーマーからいいますと
クレーム代行の原点はだいたい家族です。

嫌な目にあったから、
自分じゃ言えないんで近い人に
問い合わせやクレームしてもらったことありませんか?

  • 親にクレームしてもらった
  • 知人にクレームしてもらった
  • 旦那さんにクレームしてもらった

ワタシなんか何回も代行したことがあります。
とくに家族は多いですね。
ワタシが経験したクレーム先業界は

  • 通販全般
  • 家電、電気メーカー
  • 飲食店・旅館
  • WEB有料サービス
  • 金融商品(保険等含む)
  • 病院
  • 役所
  • 銀行・証券会社

ワタシは一般個人で可能な
あらゆる業界にクレーム入れてきました。

ワタシのクレーム経験のうち、
3割くらいは家族、友人の代行だったと思います。

代行クレーム代行の結果は

クレームがおわるとその人は
「ありがとう~たすかったよ。」
といって、とても感謝してくれるんです。
役に立ててよかったと思う反面、
なんかあまり、すっきりしません。

返品や返金してもらったり、交換させたりと、
損はとりもどしたものの
それだけなんですよ。

そんなわけでワタシとしては

クレーム代行しちゃうとその人の経験値にはならないな
という反省点があります。

自分でクレームすると、良いも悪いも
本当にいろいろ考えます。

「クレームは自分でやらなきゃもったいない」

自分で実行しないと、
普段から意見をいうことが出来なくなっていきます。
ささいなことも発言、交渉もできなくなっちゃいます。

最悪、仕返しにも意味はある

ここで一つクレーム失敗に終わった場合を考えます。
仮に返品返金交換などの対応してもらえない場合
クレームがムダになる場合があります。

クレームがただの仕返しになるんです。
仕返しして意味有るの?
それじゃただの悪質クレーマーじゃない?
という考えもあります。

実利がなかったら、意味がないのでは?ということですね。

ただ、何もアクション起こさず
泣き寝入りよりは遥かにいいと思います。

クレーム後は
小さくても交渉の経験値が残り、
不満な企業の商品やサービスは二度と利用しない
という時間的、精神的な見えない財産が生まれます。

我慢は美徳ではない

泣き寝入りは悲しいです。

辛い上に、
悔しい上に、
悲しい上に、
不満を抱えてずーっとそれと人生道連れです。

ワタシはしつこい人間でして、なかなか忘れられません。
人によってはすぐ忘れられるかもしれませんが、不戦敗ですね。

負ける必要のないのに負けをつけて、
得るものもなく、泣き寝入り…。

次回に生かされることもなく、
交渉力のトレーニングにもならず、
嫌な思いを我慢してしまう。

できることはせいぜい家族や友人に
愚痴るくらいでしょうか。

下手したら悔しくて、
WEBやSNSで誹謗中傷 なんてしたくなりませんか?

我慢するとろくな事はありません。
モノやサービスがあふれるいまの社会では
我慢は美徳ではありません。

泣き寝入り経験は人生の見えない負債となります。

クレームはみっともない、という常識が邪魔をする

クレームはみっともない、はしたない、
という常識が本当に強いです。
なんででしょうか?
なんで意見や請求行為がみっともないんでしょうか?

過去記事 クレームについて考える

ワタシはこれ以上、

我慢強くなってどうするんだ?

って思います。

ブッダにでもなるんですか?
自分の心はどうするんですか?

我慢は、もっと大事なところで使ったらどうでしょうか。

例えば

  • ブラック企業に勤めている(ワタシも経験あり)
  • ワンオペになってしまった
  • 家族の依存がひどくて自由がない

こんな状況を抱える一つの原因として

  • 我慢を重ねすぎたことによる交渉不足
  • 小さな日々の交渉から逃げたことによるツケ

こういったことは考えられないでしょうか?

しつこく書いていて恐縮ですが、
ワタシが考えるクレームとは
「交渉力のトレーニング」なんです。

ただ、代行してもらって伝えられ、
気が済んだとしても、
あまり自分の手元に財産が残りません。
ただ泣き寝入りしなかっただけ負債は残りませんが。

ワタシが考える正しいクレームは

地道にクレームをすることにより、
普段から交渉力のトレーニングを行い
自分の人生の有事に備える

ということです。
自分でやったクレームは確実に力になります。

なので、代行サービスはいろいろありますが、
ワタシは「セルフクレーム」を応援したいです。

クレーム主は自分です。
本当のクレームは
交渉先がいつ身近な人
になってもおかしくないんです。

さてワタシはクレームについてtwitterもやっています!
@iroiroarimasug1

よかったらぜひ見てください。
最後までお読み頂きありがとうございました。