おいそがしいなかご覧いただきありがとうございます。
いそがしかったらこんなブログ読まないかもしれませんが、ありがとうございます。
当サイトはアラフィフのくれこが自分自身で試した結果を紹介するサイトです。

実は「くれこ」に名前変えました。
これまで「くれみすと」という名前でやってましたが、打ちづらいし言いづらいので変えます。
どうでもいいですね、まあそう言わずに。

さてこのブログでの主なカテゴリは以下の通りです。

  • クレーム
  • 料理が苦手
  • 女性の生き方
  • 子育て
  • 断捨離挑戦中
  • 掃除が苦手
  • コーヒーエネマ

あとは適当に気になることを書いています。

このブログで大事にしていること

くれこが記事を書く上で大事にしていることはこちらです。

  • 体験したものだけを公開する。
  • キモチを大事にする。

仕事、子育て、人に言えない悩みとか、世の中のブログには、役に立つ情報が多く、くれこも助けられてきました。
情報提供してくださる皆様に心から感謝しています。
何を買うにも、検討するにも、企業の宣伝や特集記事だけでは難しいです。
体験した情報であれば、誰かのお役にたてるはず、という前提で記事を公開しています。

そして次は「キモチを大事に」してます。
ここでいう「キモチ」とはざっくり言うと「テンション」です。
何を買うにも使うにも、テンションありき、という考えです。
機能比較や詳細情報は、企業の宣伝や特集記事さんにお任せしたいと思います。

そんなキモチ重視で行動すると、当然失敗しますので、「正当なクレーム」が大事になります。
クレームといっても、文句をつけるわけではなく相談することです。

この後書いていますが、キモチを大事にしてチャレンジすると失敗が増えますので、
どうしてもクレーム(相談)が必要になります。

小さな小さなチャレンジも、自分の生活をより良くしてくれる大事なきっかけとなります。
行動には失敗がつきもの、だからだと信じています。

クレームについて

このブログでは自分のクレーム事例や考え方を紹介することにしています。
俗に言う悪質クレーマーとかを取り上げるブログではありません。
クレームについてはくれこが10年以上考えてきたことを書いています。

いつも周りを見ては、「もっとクレームすればいいのに」と、感じています。
クレームはかっこよくいうと「交渉」とか「請求」です。
もっと手前では「相談」といった所でしょうか。
相談して現実的な着地点を見つけ、話し合うこととくれこは定義しています。

正しい着地点にむけて、泣き寝入りしないで、請求(=クレーム)できることで人生を豊かにできる、それを正しいクレームと考えています。
このスキルはビジネスに限らず、プライベートに置いても重要なスキルと思います。
購入した商品やサービスに問題があるとき、ちゃんと販売者・提供者と話し合いできているでしょうか?
また、プロが展開するクレーム対策にうまく丸め込まれていませんでしょうか?

夫婦も家族も一緒

例えば夫婦でも、ワンオペ、なんて言葉もありますが、
負担者側に、「もう少しだけ交渉能力があったら」その問題の行き先は大きく変わるのではないかと思います。

「なかなか人に意見がいえないのよね」という方、クレームってなんだろうって思う方は
ぜひ他の記事も読んでみてください。

参考記事 クレームについて
     クレームのすすめ

料理が苦手

へんなカテゴリーですが、料理が苦手な人に向けた情報を出しています。
何を隠そう、くれこは料理が苦手です。
嫌いではないんですが、苦手なんです。できればやりたくないです。
毎日やりたくないんです。たまにならいいんです。
気が向いたときだけ料理したい、そんな「苦手感」ですね。

ただ家族がいると、そうもいきません。
苦手でもやらなきゃいけない、そんなときが多いです。
そんなプチ苦痛を解消するアイテムや情報を公開していきたいと思っています。

一番のお気に入りは「インスタントポット」ですね。
料理苦手な人のマストアイテムと私は考えています。

関連記事 インスタントポットが便利で面白すぎます。

料理苦手がその苦手感をいかに和らげるか、ということをテーマにしています。

女性の生き方

女性の生き方ってずいぶんざっくりしてますね、すいません。
なんて表現するかなって悩んでこれにしました。
50年近く「女」という生き物やってますと、ほんとうにいろいろありました。
小さなことから大きなことまで悩んだり喜んだりと。
せっかく生きた50年分の経験値。
誰かの役にたてないかな、と思います。

妊娠や出産、女性の体にまつわることや、女性としての仕事にまつわる記事がこのカテゴリです。
なかなか人に聞いても解決しないような、そんなお悩みの参考になったら嬉しいです。

子育て について

子育て、それはとても大きなテーマです。
このテーマは全世界の人が語っており、たくさんのブログや書籍もありますね。
くれこのくせに生意気な、と言われそうですが。

子育てする親は常に初心者なんですね。
悩んで試して、日々実験状態です。
こんなに考えさせられるテーマも人生には少ないです。

くれこはクレーマーなので、クレーマーならではの子育て感とかも書いています。
くれこは決してよい母親ではありませんし、やさしくもありません。
どちらかというと「やさしい母親である」必要はない、という考えです。

母親だって人間ですから、自分の考えもあります。
お互い意見を言い合いながら、できるだけ一対一の人間として向き合っていきたい、
という方針です。なかなか難しいですが。

良いとか悪いとかではなく、「こういう人もいるんだね」という感じで読んでいただいたら幸いです。

コーヒーエネマ

結構キワモノですよね、コーヒーエネマ。
「コーヒーエネマ、やってるよ」というとだいたい不思議がられます。
くれこは便秘改善で始めたコーヒーエネマが、予想以上に効果を実感できています。
現在コーヒーエネマ実践でくれこにはまったく問題がない、むしろ恩恵があるので、
ブログでの紹介もはじめることにしました。

参考記事 コーヒーエネマしっていますか
     はじめてのコーヒーエネマ

便秘改善はお陰様で心配がへりましたので、
今のコーヒーエネマの目標は「花粉症改善」です。

花粉症とのたたかい

くれこは小学校高学年から花粉症です。
くれこの娘も保育園から花粉症。春になると可哀想です。
毎年1月からアレルギー薬を飲み続けてました。
果たして抗生物質を、そんな小さな子に常用させて良いのか、いつも悩んでました。
自分の花粉症をコーヒーエネマで改善したら、娘にもやってもらおうと思っています。
「娘のための実験台」とか、そんな良い母ではありません。
まずは辛い花粉症の母が試して、よかったら(問題なければ)娘にも、と思っています。

まだ子どものコーヒーエネマを行う事例も見つけられていません。
事例を探しながら、自分で試そうと思いました。

「HOW TO コーヒーエネマ」というよりは、
もっともっと前の段階で、コーヒーエネマの考え方、的な記事を紹介します。
より細かい方法を知りたい方はyoutubeでもたくさん紹介されていますので
そちらもご参考にしてください。

くれこについて

アラフィフのワーキングママです。自営業です。子供二人がいます。高齢出産です。
酒ばっか飲んでないで、もっと早く産んで子沢山にしたかった、と時折悔やんでいます。
タイムマシンがあったら、間違いなく過去に乗り込んでクレームしています。

一見普通な人ですが、あえて言うなら「地味なチャレンジャー」です。
50人に一人、100人に一人しかやらないような地味チャレンジを日々繰り返しております。
10,000人に一人、とかの壮大なチャレンジは出来ませんのですいません。

女性としてより良い人生を歩めますよう、地味チャレンジの体験共有で、少しでもお役に立てましたら幸いです。