インスタントポットが便利で面白すぎます。

ワタシが買ったインスタントポットについて
熱い思いをテキトーにお伝えする記事です。

この記事を読んで頂きたい方

  • 電気圧力鍋の購入を迷っている
  • 料理が嫌いである
  • 料理が苦手である
  • 炊飯器の買い替えを検討している
  • キッチンはそんなに広くない
  • そこそこ忙しい
  • 効率化のためには光熱費は気にしない

上記が当てはまる方には参考にしていただけると思います。

炊飯器のスペースパフォーマンスが悪い件

私は少し前から炊飯器との決別を考えていました。
数年使い続けた炊飯器だけど、
内釜がちょっと壊れていたり、
でかすぎたりと何かと不満がありました。

ワタシは糖質制限もあり
ご飯を食べるのはメインは子供達です。

そんな事情で
ご飯は毎日炊くわけではないので
せいぜい2日か3日にいっぺんの稼働です。
炊飯器は台所のメインのエリアを占領しています。
ああ不満。

そして内釜はちょっと壊れてるし、
使えなくなる前にひとまず炊飯器を買おうと、
検討したのは

安い炊飯器
小さな炊飯器
土鍋

20商品は比べたが、どうもピンと来ない。

それでもやっぱり行き着いた答えは

炊飯器はパフォーマンスが悪い

でした。

我が家のキッチン事情ですが、
コンロは2口しかありませんし、
たとえば
パスタ茹でてソースを作ったら
もう何もできないので夕食時が面倒でした。
何かいいものないかなーといつも考えていました。

インスタントポットとの出会い

ある日私はネットで

アメリカでめちゃめちゃ売れている
電気圧力鍋がある

という記事をみました。

「もうこれがなきゃ生きていけない」
なんて言ってる人もいるとのこと。

ほんとかよ?

と思いながら数ヶ月が経ちました。

そして炊飯器への恨みと
電気圧力鍋の好奇心がつもり
インスタントポットをついに購入しました。

不安だらけで購入

「ほしいけどこれ大丈夫?」と、なかなか手が出ませんでしたね。

いいや、買っちゃえ!と、初見後1年で購入しました。おそー。

インスタントポットの良いところ

  • 安い(13,000円~18,000円程度)
  • 焼き物煮物結構色々作れる
  • 炊飯ができる(ちょっと面倒くさい)
  • 蓋も鍋も食洗機で洗える
  • Amazon で売っている
  • おもちゃみたいで楽しい、実験しているみたい。

まず、インスタントポットを買うと

【確定】炊飯器が憎くなりますよ。

「あんた、米炊くだけでこんなに場所使ってたのかい?」と。
嫁いびりをする姑のような気分になります。

インスタントポットはちょっと手間はありますが
ご飯も結構美味しく炊けます。
水加減は好みもありますが、
我が家では水少なめ、圧力弱めがベストです。
米と同量の水で炊くんですが、気持ち水を減らし
インスタントポットの炊飯メニューボタンで
圧力を下げて炊くと、炊飯器に近い仕上がりになります。

インスタントポットの悪い所

基本的にはなんの問題もなく、
どちらかというと利用前の不安でした。

  • 使い方がちょっと分かりづらかった
  • 蒸気が怖い

昔、ガス用の圧力鍋が暴発したことがあります。
中身は吹き出し、大惨事となりました。
外国では圧力鍋が爆発して人が死んだという話もあります。
それ以来怖くて使えませんでした。
恐怖の圧力鍋です。

そんなワタシは
電気圧力鍋も大丈夫かなと心配がありました。
あの大惨事を思い出すと震えます。

でも使ってみて分かったのは
まったく怖くなかったです。

圧力口の特徴を理解できれば怖くないです。
ここだけ最初によくマニュアル見ておいたほうが良いですね。
わかると「え?こんな簡単なしくみ??」と思います。

マニュアルが若干意味不明なところもあります。
でも最悪、勝手に止まりますので安心です。

たまにやりすぎると「burn」という表示で
中断してくれます。

電気圧力鍋を怖がっていた私は

カメラが怖い(魂とられるー)

と大騒ぎしていた人みたいですね。

そんなこんなで私はインスタントポット

まるで実験のようにして使っています。
こんな感じです。

  • 鳥手羽が安かったので大根と突っ込んで煮よう
  • でっかい牛肉が安かったのでシチュー作ってみよう
  • いつも作る豚汁も圧力鍋で作ってみよう

ワタシのいい加減度が伝わりますか?

スーパーなどで売っている
普段手の出ないやっかいな肉類は
圧力鍋のおかげでほぼ解決しました。

野菜も根菜類など調理が面倒臭いものには
電気圧力鍋は無敵です。

昔話ですが、大根を大量にもらい
ガスのお鍋で煮てみましたが
柔らかくなるまで2日ぐらいかかりました。
二度とやるもんか、と心に誓っていました。

ですが
インスタントポットでしたら30分かかりません。

料理苦手な私がチャレンジする新しい料理は
ほとんどの確率で失敗していました。

クックパッド見て
「カンタン。〇〇の調理」という
レシピを読んで実行しても

全然簡単じゃないやんけ~うそつきー

という結論でした。
どれだけ不器用なんだとも自分で思いますが。

なのでいつも同じものを食べていました。
ワタシの料理は

レパートリーを広げる=失敗

でしたから。

ただインスタントポット
こんな私の料理嫌いで料理苦手の
リスクを確実に下げてくれます。

新しい料理も、ちゃんと食べれるものにしてくれます。笑

迷うなワタシ、早く買え!

本当に心から思います
なぜ1年前のワタシ
電気圧力鍋を買わなかったのだ
インスタントポットじゃなくてもいいから。

タイムマシンで1年前に行けるなら
説教してでも買わせたいアイテムです。
どらえもーん。

と心より思っています。

もし今これを読んでいる方が
電気圧力鍋購入を迷っていたら
同じ言葉をお伝えしたいです。

電気圧力鍋は早く買った方が得。

インスタントポットはオススメですが
なんでもいいのかな?と思います。

電気圧力鍋のゆるーい比較記事、読んでくださいね。

料理って思ったより簡単なのね
と思わせてくれるんです。

そして一番嬉しいのが
大嫌いだった料理が
実験をしているような
まるで遊んでいるような
行為になったことです。 

これが私の中では革命です。
大袈裟ですが
嫌いなものは嫌いじゃなくなる

こんな凄い事ってなかなかないです。

ちなみに私が買ったのはインスタントポットです。
しつこいですね。

商品はこれです。

画像を押すとAmazonへ移動します

カナダの企業で風変わりな企業が開発した製品です。

インスタントポットのサイズについては種類がありますが、
我が家はキッチンも狭いので小さめを買いました。

ただ子供が成長し食事の量が増えるようでしたら
大きいサイズに買い換えるつもりです。

これがたったの13000円程度。
大きいサイズでも18000円程度。

いろいろありますが
電気圧力鍋は早く買ってしまったほうがよいです。
買わない理由が現時点ありません。

こちらも参考にしてください。

過去記事 電気圧力鍋をワタシなりにゆるく比較してみました

最後までお読みいただきありがとうございました。