インスタントポットが便利で面白すぎます。

こんにちは、くれみすとです。
今回は電気圧力鍋インスタントポットについて熱い思いをテキトーにお伝えする記事です。

この記事を読んで頂きたい方

  • 電気圧力鍋の購入を迷っている
  • 料理が苦手である
  • 炊飯器の買い替えを検討している
  • キッチンが狭い
  • そこそこ忙しい

上記が当てはまる方には参考にしていただけると思います。

炊飯器は非効率

最近は糖質制限している方も多いのでお米を食べる量は減っています。
日本全体でもお米の消費量は年々右肩下がりです。
これは結構まじめなサイトの情報です。

農業協同組合新聞 サイトより引用

炊飯器は数日に一回の稼働なのに、台所のメインのエリアを占領します。これ不満ですね。
ただ、炊飯器の故障などあれば、急いで購入する方も多いと思います。
ワタシも同様で、慌てて検討していました。

安い炊飯器
小さな炊飯器
土鍋

この手の炊飯家電関連20商品くらい比較したところ、何か根本的問題を抱えていることに気が付きました。

インスタントポットとの出会い

炊飯器検索をしているある日私はネットでこんな記事を読みました。

アメリカでめちゃめちゃ売れている電気圧力鍋がある

「もうこれがなきゃ生きていけない」なんて言ってる人もいるとのこと。

ほんとかよ?

と思いながらも炊飯器への恨みと電気圧力鍋の好奇心がつもる日々。

炊飯器問題もあり、インスタントポットあまり余裕もないので購入決断しました。

インスタントポットの良いところ

  • 安い(13,000円~18,000円程度)
  • 焼き物煮物結構色々作れる
  • 炊飯ができる(ちょっと面倒くさい)
  • 蓋も鍋も食洗機で洗える
  • Amazon で売っている
  • おもちゃみたいで楽しい、実験しているみたい。

【確定】炊飯器が憎くなる

「あんた、米炊くだけでこんなに場所使ってたのかい?」と。
嫁いびりをする姑のような気分になります。

ちょっと手間はありますがご飯も結構美味しく炊けます。
水加減は好みもありますが、水少なめ、圧力弱めがベストです。

くわしくはこちらの記事
【攻略】インスタントポットで炊飯

インスタントポットの悪い所

基本的には問題もなく、どちらかというと利用前の不安でした。

  • 使い方がちょっと分かりづらかった
  • 蒸気が怖い

昔、ガス用の圧力鍋が暴発したことがあります。
中身は吹き出し、大惨事となりました。
外国では圧力鍋が爆発して人が死んだという話もあります。
恐怖の圧力鍋、この手の話がありますと電気圧力鍋も大丈夫かなと心配ですよね。

電気圧力鍋はとても安全性が高いです。
インスタントポットについては圧力口の特徴を理解できれば怖くないです。
ここだけマニュアル見ておくことをオススメします。わかると「え?こんな簡単なしくみ??」と言う感じです。

マニュアルが若干意味不明なところもありますが、最悪、勝手に止まりますので安心です。
たまにやりすぎると「burn」という表示で中断してくれます。

インスタントポットをまるで実験のようにして使っています。
こんな感じです。

  • 鳥手羽が安かったので大根と突っ込んで煮よう
  • でっかい牛肉が安かったのでシチュー作ってみよう
  • いつも作る豚汁も圧力鍋で作ってみよう

いい加減な方、おすすめします。

スーパーなどで売っている普段手の出ないやっかいな肉類は
電気圧力鍋のおかげでほぼ解決しました。
根菜類など調理が面倒臭いものには電気圧力鍋は無敵です。

昔話ですが、大根を大量にもらいガスのお鍋で煮てみましたが
柔らかくなるまで2日ぐらいかかりました。
二度とやるもんか、と心に誓っていました。
インスタントポットでしたら30分かかりません。

料理苦手な私がチャレンジする新しい料理はほとんどの確率で失敗していました。

クックパッド見て「カンタン。〇〇の調理」という
レシピを読んで実行しても

全然簡単じゃないやんけ~うそつきー

というレベル。どれだけ不器用なんだとも自分で思いますが。

レパートリーを広げる=失敗でしたから。
こんな私の料理嫌いで料理苦手のリスクを確実に下げてくれます。

新しい料理も、ちゃんと食べれるものにしてくれます。

購入すれば1年前の自分に電気圧力鍋を買わなかったのだ
タイムマシンで1年前の自分に説教してでも買わせたいアイテムとなることでしょう。

もし今これを読んでいる方が電気圧力鍋購入を迷っていたら
同じ言葉をお伝えしたいです。

電気圧力鍋は早く買った方が得。

料理って思ったより簡単なのね、と思わせてくれるんです。

そして一番嬉しいのが苦手な料理が
実験をしているような
まるで遊んでいるような
行為になったことです。 

これが私の中では革命です。
大袈裟ですが嫌いなものは嫌いじゃなくなるこんな凄い事ってなかなかないです。

カナダの企業で風変わりな企業が開発した製品です。

インスタントポットのサイズについては種類があります

小さなサイズを買いましたが、子供が成長し食べる量が増えるようでしたら
大きいサイズに買い換えるつもりです。

これがたったの13,000円程度。大きいサイズでも18,000円程度。
電気圧力鍋は買わない理由が現時点ありません。

こちらの記事もお読みください。
電気圧力鍋ゆる比較

最後までお読みいただきありがとうございました。