便秘対策歴史

ワタシはコーヒーエネマを日々のルーティンにしています。
なのでついつい
コーヒーエネマのいいとこばかり書いてしまいます。
でもそれより

ワタシがなぜコーヒーエネマにたどり着いたか
を書いたほうが良いかと思いました。

この記事を読んでいただきたい方

  • 便秘が長期間である
  • すでにだいたいのことは試した
  • 便秘対策系知識は豊富
  • そろそろ改善しないとマズイと思っている

短期便秘の方はスルーしてください。
読んでもムダと思います~。
それでははじめます。

とくに長年便秘に苦しむ私には

コーヒーエネマは救世主存在です。

もし私と同じような悩みの人がいらっしゃったら、
目をつぶってチャレンジしていただきたい
と思って書いています。

コーヒーエネマ以外に
便秘を解消するためにチャレンジしたものを
私的に並べてみましたので
参考にしてください。

便秘に悩んできた者として
対策体験談を書いてみます。

便秘薬

便秘解消の王道といえる手段です。
コーラック、スルーラック、その他もろもろ
様々な便秘薬がドラッグストアに並んでいます 。

うまく効いてくれると本当に助かります。
一時的な便秘の方には効果が高いと思います。
ただ、私のように慢性的な便秘の人間には、
後々問題が起こります。

私も長年飲んでいたのでよくわかりますが、
本当に効かなくなるものです。

なので私はやめました。

腸という組織はとても柔軟性がある臓器のようです。
悪い水や悪い食事といった
様々な悪環境に耐え続けてきた臓器です。

私たちが薬を飲むことによって
腸はその変化を察知し
耐えられる構造になっているというのが私の見解です。

【各種療法】
朝療法 、塩水、レモン水、牛乳、等々、
どれも効果を感じるものはありませんでした。

始めたその日は効果を感じるものもありましたが、
継続とすると効果を感じなくなるものばかりでした。
これは私の固有の問題と思い、
解決できないものとして判断しています。

サプリメント

いわゆる一般的に有名なサプリメントは
思いつく限り試しました。
ただ残念なことに
あまり効果を感じるものはありませんでした。
その中で唯一おすすめできたのが

ミヤリサン

ミヤリサンは高い効果を感じました。

ワタシのAmazonの購入履歴です

これは非常にレビューも良かったです。

Amazonレビュー画面

「これは良いものに出会った!」
と感動しました。
飲むと翌日には自然な排便がありました。
もうこれは永遠に使うしか無いね、と思っていました。

ところが

一瓶飲み終わるころから、効き目がなくなっていきました。

なぜだ!なぜだ!ミヤリサン・・・。
どうしてワタシを裏切った!
と、若干逆恨みしました。

残念ですが、効果を出なくなくなりました。
このミヤリサンが効き続けていたら

ワタシはコーヒーエネマやっていません。

不思議なのですが
いつも初日だけは効果を感じるものが多く
継続的に効果を感じられるというものは一度もお会いできませんでした。
ミヤリサンはその中ではかなり優秀でした。

そのミヤリサンすらだめになったので私がコーヒーエネマにたどりついた
大きな要素となりました。

運動

運動して便秘を改善、本当にいいことですね。

ただ、そうならないケースもあります。
私は中学生のとき、非常にハードな部活をやっていました。
厳しい部活で、さらに自宅で筋トレ(腹筋、背筋、腕立て30×3セット)
してました。
もう30年は前の話です。

ただ、それでも便秘でした。
それだけ運動しても、3日ないし週1程度しか出ない便秘でした。

「そんなのありえない」と言われそうですね。
でも出ないんです。個人差ですかね。

むしろスポーツより、

インドレストランなどの
スパイスや油分の多いカレー

のほうが効果がありました。

ただ「毎日カレーくえるかい」ということで
たまに恩恵を受ける程度となりました。

食生活

インドカレーの話をしましたが、
食生活を直せば便秘が治る
という話は
耳にタコができるほど聞いてきました。

食べたものを出すのが排便ですので
とても有効な方法と思います。
残念ながら私には効果がありませんでした。

根菜類(お約束だったサツマイモ)
豆類
海藻類
良質な油

試しましたが、
私にとって効果があるものはありません。

たまに、ごぼうを食べた日に偶然排便があると
これは効いた!と食べ続けます。
ところが、 継続的には改善しません。
意味不明です。

いつもどおり便秘に戻ります。
便秘になると1週間はザラですので何を食べたかもさっぱり分かりません。
何がいいか悪いかも分かりません。

この時点で私の腸は普通に機能しないんですね。

私の場合、便秘のレベルが酷すぎますので、
軽い便秘の方には当てはまらないかもしれません。
ただ、重症の便秘の私には食生活では改善しないということは
はっきりしています。

病院での治療

さんざん試してダメなら病院です。
便秘で通院するレベルの人はなかなか居ないと思います。

ワタシは通院で漢方を処方されていた時
こんな話をお医者さんとしました。

ワタシ:いつまでこの薬を飲めば出ますかね?
お医者:下剤ではないのですぐには出ませんが、
     適度な運動と食事に気をつけながら改善できると思います。
ワタシ:とりあえず飲みますが、
    もう一週間出てないので下剤を飲みますね。
お医者: 下剤との併用はあまり良くないんですよね。
     ただ仕方ないので下剤も出しますね。
(後日)
ワタシ:先生、下剤はあまり効きませんでした。
お医者:あら、それはいけませんね。もう少し強いの出しましょうか。
ワタシ:お願いいたします。
お医者:適度な運動と食事は出来ていますか?
ワタシ:そうですね・・・。

長期的治療は良いことなんですが、
そんな場合じゃないんですよ、先生・・・。
運動も食事も気をつけてますって。
いつ治るんですかね?ワタシの便秘は?

結局先生にもわからないのです。
効けばラッキー、効かなきゃ運動と食事の問題です。
漢方は結構コストも高いわりに、効果がすぐ出ません。
もう付き合いきれない、と思いました。

そのうちこんな情報をゲットしました。

排便回数は人によって違います。
毎日でなくても、3日に1回でも
自分が気持ち悪くなければ問題ありません。

どうしようもないので
これを信じました。
若いって恐ろしいと言う面もありますね。

はい、これは間違いです。

この言葉はワタシのようにひどい便秘人間を
慰めてはくれました。

ところが大間違いです。

理由はカンタンで便秘による不快は
長期間だと慣れてしまうんです。

悪環境に順応しちゃいますね。

ワタシの便秘対策歴史まとめ

便秘対策っていろいろありますが、
「即効性」が重要ではないでしょうか。

「続ければ出ます」じゃ困るんですよね。

  • 3ヶ月ほど飲めば改善する漢方
  • 3ヶ月ほどつづければ改善するマッサージ
  • 根本的な体質改善を数年がかりで行う

便秘は緊急性があるんです。
老廃物はいち早く出さないとマズイんですね。
さらに「本当に効果があるか」わからないです。

よくある便秘の症状としては

  • 便秘による膨満感
    →慣れすぎると感じなくなります。
  • 便秘による肌荒れ
    →吹き出物が常駐となります。
  • 便秘による頭痛、肩こり
    →慣れすぎると当たり前になってしまいます。

だからコーヒーエネマです

そんな中、コーヒーエネマは
一種の腸内洗浄なので今出せるんです。

この時間的メリットが
コーヒーエネマとほかの便秘対策とは
明確に違う点です。

便秘対策はいろいろありますが、
この追い詰められた感満載の便秘人は
こころからコーヒーエネマをオススメします。

悩み続けるよりやってみることです。

こちらもお読みください。

コーヒーエネマ知っていますか

最後までお読み頂きありがとうございました。