インスタントポットで炊飯

インスタントポットを購入たレビューです。

こんな方にお読みいただきたいです。

  • インスタントポット購入を検討している
  • 電気圧力鍋に関心がある
  • 炊飯器を買い換えようと思っている
  • インスタントポットでの炊飯に困っている

ワタシもインスタントポット購入のきっかけは
炊飯器買い替え検討でした。

詳しくはこちら
インスタントポットが便利で面白すぎます

インスタントポット購入で何が一番悩みだったか
というと

インスタントポットでの炊飯が大丈夫か

ということでした。

外国製のこの家電、本当にご飯を炊いてくれるのか?
ということです。

一度インスタントポットで米を炊いて、
「よし!大丈夫だ!」
と判断したワタシは即炊飯器捨てました。
今思うと「早く炊飯器を棄てたい」気持ちが大きかったかもです。

しかし、お米が変わったりすると微妙に炊きあがりが変わります。

炊飯器を棄てたのは時期尚早だったのか???

追い詰められたワタシはインスタントポット炊飯記録をつけ、
おおよそのコツを掴みました。(多分)

我が家では炊いた米はすぐ食べず、
ほとんどを冷凍して2日ほどで食べます。
そのため、再加熱するのですこーし硬めに炊くのが良いようです。

ということで、インスタントポットの失敗談を含め
公開していきたいと思います。

インスタントポット炊飯 失敗例

失敗例1:炊飯モード 柔らかすぎた
水の量が多いとベチャベチャになります。
娘から
「こういうご飯ニガテー」
と言われました…。米好きの娘なのに…。ガクリ。
圧力高めですとこの危険性が上がります。

炊飯モードボタンでは厳しい1 もっちりしすぎる
炊飯モードですと、もっちりしすぎてしまい
我が家では不評でした。
【対策】
炊飯モードを使わず、圧力ボタンで弱め短めで炊きます。

炊飯モードボタンでは厳しい 2 おこげ
炊飯モードで炊くとおこげができます。
おこげ好きなご家庭には関係ないと思いますが
我が家はおこげニガテです。

失敗例2:圧力モード 圧力低め、時間短め(4分設定)
今度は硬すぎました。
前回柔らかすぎたため洗米後、即炊きました。
【対策】
レンジで温める際に、お水を少しかけてからチンしてください。
随分柔らかくなります。

炊飯モードボタンでは厳しい3 鍋が焦げる
おこげができるくらいなので、当然鍋も焦げます。
洗うのが面倒です。食洗機だけでは落ちません。
【対策】
炊飯後、他のものを茹でる、煮る。
たくさんの水で茹でたり煮たりすると、
炊飯後の鍋も洗いやすくなります。
うちでは米を炊いたあと、
ゆで卵
大根
などを茹でたり煮てしまいます。そうすれば随分洗いやすくなりますよ。

インスタントポット炊飯 良い点

米の計量が楽
従来炊飯器では、米を計るカップで
「1,2、3・・・あれ?今何杯だっけ?」とか言いながら
危なかしく計量しておりました。
炊飯器内にあるあのメモリだよりでした。
ワタシは毎回お米を買うと、4合づつビニールに小分けしていました。
そうしないと毎回「あれ?何杯だっけ」になってしまうので非常にストレスでした。笑

インスタントポットを利用して知ったのですが
原則、米と水を1対1で炊くため、
米を計る時間が圧倒的に短縮できるようになりました。
ただ、洗米後、10-15分程度水に付ける必要はありそうです。
そうすることによって、短時間で炊いても
芯がのこったりして硬すぎるようなことがありません。

炊飯が早い
早いんですよ、圧力で炊くと。
うまくいくと洗ってから30分で炊きたてが食べられます。
(クイックリリース必須ですが)

工夫次第で好みに合わせることができる
水の量、浸水時間、圧力、加熱時間で好みは調整できます。
硬め、柔らかめと数回試せば近づける事が可能です。

まとめ

日本人にとって米は結構重要ですね。
糖質制限を心がけていても
やっぱり美味しいご飯を食べたいね、と思います。

インスタントポットは炊飯器ではありません。
非常に効率の良い家電です。
炊飯だけであきらめるのはもったいないと思います。
インスタントポット炊飯でお困りな方、
諦めないで頑張っていただきたいと思います。

こちらもぜひお読みください。
インスタントポットが便利で面白すぎます

最後までお読みいただきありがとうございました。。