インスタントポット 米何合

こんにちは、くれみすとです。

料理苦手なワタシでも料理の楽しみを教えてくれるインスタントポットですが
今回は炊飯について。

ちなみにこのブログではインスタントポットの詳しい機能やレシピを披露したりはしておりません。
料理苦手の代表選手の筆者が料理が苦手な人向けにつづっています。
もしよかったらお読みください。

こんな方お読みください。

  • インスタントポット炊飯をしている
  • インスタントポットで炊飯で失敗した
  • インスタントポットを購入検討している

米は何合か問題に決着


ネット上でもインスタントポットの米の量についての質問が多いですね。
過去記事にも書きましたが、基本の分量は米:水が1:1です。簡単です。
私は土鍋炊飯は未経験ですが、おそらく考え方は同じかな?と思います。

結論からいうと「合」は要りません。合という単位は、もう要りません。
かえってこだわると無駄な手間が増えます。
4合なら、4回も計らなくちゃいけません。
しかも毎回「すり切り」とか、無駄な作業でストレスです。

普通の軽量カップで計る【オススメ】

このような大きめ計量カップとかでガバっと一発で計ったほうが断然楽です。
他のものにも使えます。米専用のカップとか、無駄ですね。
ご自分にあったサイズのものがあればコップだろうとお椀だろうと構いません。

こんな計量カップはどうでしょうか?ちなみに取っ手がついているほうが使いやすいです。
我が家では500ml計れるものを米すり切り一杯、水すり切り一杯で運用しています。

これ一回で、家族四人分以上炊けます。なにより米を何回も計る手間がなくなります。

「合」で計る手間を見直す

合で計るはデメリットが多いです。
一日4合図ると、毎日炊飯すると一年で
4×365=1460回も「すり切り」しなくちゃ行けません。
「4回、米計らなきゃ…。」「あれ?いま何合だっけ??」
という憂鬱から開放されます。

昔は炊飯器はあまりなく、鍋で炊いて、ジャーで保温でしたね。古い。
研いだ米に手を入れて「あ、このへんだー!」って水量を計っていたな、と思い出します。
その気になれば、指だけでも計れるそうですよ!

「計量は指だけ!鍋でご飯 アウトドアにも」

COOKPADレシピより


そうです、適当なもんなんですよね。炊飯器が出てきて妙に精度が上がりましたが。
そんなわけで、インスタントポットを使うのでしたら、米計りの手間も減らせるいい機会にしたいものですね。

まとめます

以上、インスタントポット炊飯時の米何合問題に決着をつけました。
今使っている方も、インスタントポット検討中の方にもお役に立てれば幸いです。

・インスタントポット炊飯に何合かは関係ない。
・米:水が1:1であればいい。
・計る回数を減らしたほうが得。

そんなこんなで、炊飯の手間も炊飯器のスペースも削減できたらいいですね。
ぜひご参考になさってください。

過去記事はこちら

過去記事 インスタントポットが便利で面白すぎます

過去記事 インスタントポットは調理家電界のレゴ

過去記事 電気圧力鍋を比較【2020年3月】

最後までお読み頂きありがとうございました。