コーヒーエネマのアンチ記事

こんにちはくれみすとです。クレーマーです。

今回はコーヒーエネマを実践し、WEBで調べまくった私がアンチ記事について感想を公開しています。
なにかと怖い噂の多いコーヒーエネマについてお調べ中の方、チャレンジ中の方、にお届けします。

コーヒーエネマは怖い・腸内洗浄は怖い

という情報がネットにはたくさんあります。
「コーヒーエネマ」で検索すればすぐでたどり着ける情報です。

コーヒーエネマの恐怖についての過去記事
スリムエネマの恐怖について書きます

コーヒーエネマ利用者としてはとても残念です。
せっかくなので一度だけアンチ記事を疑っていただきたいです。
一度「ネット広告の都合」という見方で、アンチ記事を読んでみませんか。

理由は、WEBサイトで広告収入を得るためには、コーヒーエネマは否定したほうが、
ターゲットに刺さり、販売に繋がりやすく広告展開がラクです。
悩んでいる人がダイレクトに見つかり、商材へ誘導しやすいからですね。

アンチ記事は儲かり、支持記事は儲からない、ということですね。
たしかに経済は大事ですが、それは広告主の都合であって、当事者の問題解決にはなりません。

腸内洗浄のアンチ記事例

一つ例を書いてみます。幻冬舎ゴールドオンラインで

「話題の美容法腸内洗浄がもたらす悪影響」という記事があります。
2017年の記事です。腸内研究を長年してきた方が寄稿しています。
あえてリンクは貼りませんが、よかったらググってください。

ざっくりまとめるとこんな内容でした。

「腸内洗浄はリスクがあるので、ひどい便秘の人以外はあまりお勧めできません。」

アンチであるものの、常識的で中立な意見ですね。
そのとおりだと思います。

内容をみても「さすが専門家だな」と、関心しながら、ふと寄稿者のWEB名前を検索してみました。
その方は研究者であり、とある会社の社長さんです。事業家さんです。

そちらの会社のホームページを見ましたら、サプリメントの原料などを開発する会社でした。
自社ブランドサプリメントも開発販売しています。興味深いです。サプリ売ってる人じゃないですか。

とてもわかり易い構図ですが、その方は口径型サプリメントが素晴らしい、という思想だと思います。
だから事業展開もなさっているんですね。

ですが、数々のサプリメントでも敗北してきた私をはじめ、同じような悩みの方はどうしたらいいのでしょうか?
もしかしたらコーヒーエネマでひとまず解決出来る可能性もあるのです。

コーヒーエネマが普及したらどうなるか

いつも私は思っているんですが 

コーヒーエネマが普及したら 便秘系サプリや薬は売れなくなる 

と思います。これはちょっと変態的な発想かもしれませんね。
ただ、重度便秘にはサプリメント効かないんです。

過去記事
超便秘・黒歴史

出るか出ないかわからない薬と違い、コーヒーエネマはほぼ確実に出ます。
アプローチがまったく別物かもしれません。

コーヒーエネマは普及するか?

私の極めて個人的意見ですが、普及は厳しいと思われます。
なので、知っている人が、自分に必要な人だけやればいいです。
この先、技術の進化で素晴らしい方法も出てくるかもしれませんし。

アンチ記事をあえて読もう

というわけで、アンチの方のお考えは理解できます。
アンチ記事も読みまくり、自分の考えを固めましょう。
「ドッサリ系」「乳酸菌系」サプリはたくさんありますので、ほっておいても向こうからお知らせしてくれます。
その途中でコーヒーエネマに寄り道してみるものいいかもしれません。

コーヒーエネマも実は約70年前から存在します。
腸内洗浄にいたっては、そうそうとう昔から存在します。

仮に私が10年前に「腸内洗浄は危険」という記事を疑っておければ 
そのときコーヒーエネマをもっと調べてたら、10年前に便秘問題は解決していたかもしれません。

  • お薬やサプリに使ったコスト
  • 肌荒れのために使ったコスト
  • 肌荒れにより周りの人に持たれた良くないイメージ
  • 肩こりなどのマイナートラブルとその解決に使ったコスト
  • お金以外の機会損失、自信損失、時間損失

換算したくもないですね。

私がアンチ記事を疑わず、調べず、チャレンジしなかったのは事実です。
だから10年は損したと思っています。もったいないですね。

コーヒーエネマに限らずアンチ記事を疑うのも、良いことかもしれません。
発信者のバックグラウンドを調べるのは「疑う」の第一歩で大事な作業でしょう。

コーヒーエネマは、「常識との戦い」となります。

あらゆるアンチ記事を読みふけった結果、アンチ記事を疑うことが出来ました。
何年も解決出来ないことは、まちがいなく常識にとらわれている、ということ。 
行動してはじめて「時間を失っていた」という認識を持ちました。

今これを読んでいる方にとって、この記事がなにかのきっかけになればいいなと心から思います。

興味がある方は、こんな本でも試してみたらどうでしょうか。
とっても基本的な本です。

もうすでにチャレンジ中の方は、生活環境もありますから、無理しないで行きましょう。
いやならやめちゃえばいいんです。

このブログではコーヒーエネマについて、方法や経験談をいろいろ書いてますので、ぜひ参考にしてください。

最後までお読み頂きありがとうございました。