ミレーナ【経緯】

こんにちは、くれみすとです。自称「優しいクレーマー」です。

とつぜんですが、月経困難、大変ですね。
痛み止めを買いだめ、なんて方も多いかもしれません。

今回はミレーナについて私の経験を元にお届けします。
毎月の生理の痛みとマイナートラブルにおさらばしました。

「ミレーナ」とは

知っている人は知っていますね。子宮に装着する黄体ホルモン付加IUDです。
黄体ホルモンを出しながら、妊娠に近い状態を作り上げるそうです。
※詳細はこちらから。https://whc.bayer.jp/mirena/

最近有名な芸能人の方のTweetで話題のようですね。
ミレーナ装着5年の経験でお話していこうと思います。

ミレーナを選択した経緯
学生時代から生理痛、マイナートラブルがひどく、痛み止め乱用で乗り越えていました。
30後半になり、立て続けに二人出産し、足掛け4年は無月経状態でした。
このまま月経トラブルは良くなるかな?と淡い期待をしていたものの、残念ながら月日がすぎて再発。

ピルでもいいじゃないか、について

生理痛の改善だけならわざわざリングを入れなくても、手軽にピルでもいいんじゃない?という人も多いです。
私も長く服用しました。ですがこんな問題ありませんか?

・処方のために通院の時間がつらい
・コストが思いの外高い
・飲み忘れる

飲み忘れ防止グッズやアプリがあるほど。忙しくなると飲み忘れが頻発します。
子供を寝かしつけて、一緒に寝て、飲めませんでした、一発アウトです。

あと、服用する年齢の問題についてはこれから書いていきます。

ミレーナとの出会い

ある日、婦人科検査で産婦人科の先生から「40才過ぎたら、ピルはやめたほうがいいわよ。」と。
特に飲酒喫煙している人は、発がんリスクを考えてもピルは良くないとのこと。
私は飲酒喫煙するので、耳に痛かったです。

それ以外にもよく飲み忘れ、ランニングコストと確かに悩みが多いのが事実でした。

なにかと煩雑なのがピルの服用です。

そこで出会ったのが「ミレーナ」でした。
ただ、装着の際に、子宮口の開き方なども影響するので、出産している人向けだそうです。

ミレーナとはなんだ?
子宮口に設置するリングです。リングが黄体ホルモン分泌して、妊娠状態にしてしまうという不思議なリング。
避妊率もほぼ100%です。もう一度妊娠をしたくなったら外せばOK、ということでした。

それならやってみる価値はあるな、と思うものの、2ヶ月くらい迷ってからに申し込みをしました。
月経の時期が影響するので、すぐ装着とは行きません。
月経がない時期しか設置できません。ですので装着検討する方は余裕を持って検討したほうがいいです。

ミレーナの効果は

私個人には効果がありました。

装着してもうすぐ5年ですが、生理の経血がほとんどなりました。
もちろん生理痛もほとんどありません。
昔は痛み止めなしでは生活できなかったことを振り返ると信じられません。

イライラもしないし、月経あるあるマイナートラブルは少なくなりました。
個人差はあるので私は偶然ミレーナが合ったのかもしれません。

ミレーナを装着したお知り合いの話

お知り合いに、月経がひどく、入浴中などに貧血でぶっ倒れるレベルの人がいました。
「もう命の危険を感じる…」というお話だったので、ミレーナを勧めてみました。
彼女の半年結果は、貧血は大幅に改善されました。


ただ、彼女の場合、少量の経血が長期間あったそうです。
「いつも生理みたいな感じだけど、貧血で倒れるよりはマシね。」と言う話でした。ほんとに人によりますね。

滑落(ずれる)した人もいました。これは定期チェックで見ていくしかありません。
おかしいな?と思ったら迷わず病院に連絡して、できれば診察してもらったほうがいいですね。
わたしも装着当初は違和感を感じて何度か診察してもらいましたが、異常なしでした。

避妊について

避妊リングという呼び名もありますが、そのとおりです。
ほぼ100%の確率で避妊できるそうです。
目的は月経困難の改善だとしても、便利といえば便利。
避妊という心配ごとが一つ減りますので。

産婦人科でも相談時に言われました。「まだお子さんはほしいですか?」と。
どうしてもまた妊娠したくなったら、リングを取れば妊娠は可能だ、とも説明されました。
なるほど、と思いつつ、アラフィフですので、それはないかなと。

装着後の問題

【結論】まったく問題ないわけではありません。

個人的には装着当時、2~3週間は下腹部に違和感がありました。心配だったので、装着してくれた病院に行きました。
結果は「異常なし」。
それなら仕方ない、と様子を見ました。

でも滑落する方はたまにいるので、事後も病院には相談したほうがベターです。

ミレーナの副作用【体験上】

2~3ヶ月はなんだか体調がすっきりしなかったです。モヤモヤするような、
少しだけ妊娠期のつわりを思い出す感じでした。
黄体ホルモンを出して妊娠に近づける、という性質上、致し方ないかも知れません。

装着一年後

なんということでしょうか、一年もすると、すっかり存在を忘れるレベルになりました。
ある日、病院で股関節のレントゲンを取るとお医者さんに「あれ?あなた子宮になんか入れてる?」と聞かれました 。

私はなんのことか分からず、「なんのこと?・・・あーっ!! そうだ!!!あれ、いれてます!あれ!」
すぐに「ミレーナ」という名前が思い出せませんでした。

陰ながら働いているミレーナの存在をすっかり忘れておりました。
そういうとお医者さんに「そんな大事な事忘れちゃうのか~笑」と言われました。
そのくらいミレーナは私にとって自然な存在になったようです。

ミレーナの費用は?

私の産婦人科ではなんだかんだ60,000円くらいでした。
理由は保険適用できなかったからです。
ただし、月経に異常がある人は保険が使えます。
私は生理痛があるだけで、異常とまではみとめられす、残念ながら保険適用外でした。
過多・過小月経などは、保険適用されやすいとのことですので、
悩んでいるのでしたら、いきつけの産婦人科に気軽に相談してみてもよいでしょう。
最近は取り扱いも増えてきています。

朗報としては、生理の経血が減ったので生理用品の購入が激減しました。
わたしの場合、パンティライナー程度で過ごせています。
人によるので、あくまで目安ですが、一般的には経血量はへるようです。

5年に一回入れ替えが必要

ミレーナは基本メンテンナンス不要ですが、5年に1度は入れ替えが必要です。
私もアラフィフなので、「もうあがらんかな?」というタイミングではあるので、閉経まで間近かも?と思うところもあります。
5年は長いかも、悩みますね。
ただ、振り返って私にとってはありがたいものでした。

病院の選び方【経験者からみて】

できれば、通いやすい病院にしたほうがいいです。
ネットで検索すると安い病院もあるようですが、違和感があったときに気軽に行けないのはよくないです。
コスト問題はありますが、ミレーナは安定さえすればランニングのコスパがよくなりますので、初期費用だけにこだわるのは危険です。
ただ、べらぼうに高いのはいけません。
私は保険適用できなかったので60,000円超の初期コストはかかりましたが、5年で見れば問題ありませんでした。
保険適用の方ですと初期費用も20,000円以内とか、かなり安いようです。
費用はあまり考えずに行きつけの病院で気楽に相談してみてよいかと思います。

意外と知らないミレーナ

女性にこの話をすると、やはり皆、感心を持つんです。
「なにそれ?」って言われます。
月経困難な人には「そんなのあるんだ!」って驚かれます。
知っている人もいますが、なかなか周りで体験者がいないんだよね、と言われます。
出産経験者の方で月経困難なお悩みがあれば、ぜひ一度調べてみて良いと思います。

毎月のこと、楽になってよかったなと本当に思います。

まとめます

私はミレーナを装着するにあたり、「もし、問題があったら、絶対クレームする」、と決めていました。
クレーマーですので、病院だろうとなんだろうと、とことん相談して、解決して乗り越えよう!と気合満々で挑みました。
幸いにもそれはなく、順調に過ごせました。

合う合わないはありますが、女性特有のつらさを感じている経産婦の方にはぜひお調べ頂きたいと思います。


最後までお読み頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

引っ越ししました。

次の記事

悪質クレームとは