悪質クレームとは

ワタシはクレーマーです。

ただ「正しいクレーム」をモットーにしてます。

そんなワタシが感じるのは、

ネットの情報として正しいクレームの方法が少ないということです。

悪質なクレーマー問題は結構ネットにありますね。
例えば コンビニ店員がクレームに対抗したら店内に大便されたとか・・・。

このクレーマーいかれてますね。

でも実際はそんな輩は 本当にごくごく少数です。

ネットで「クレーム」で検索してみると
「クレーム対応本の宣伝」
「悪質クレーマー集」
といったものが、出てきます。
たしかに、読み物としては面白いです。

ワタシはクレーマーとして「こんなやついるんだ!」って驚かされます。

クレーマーの風上にもおけない

って思います。

でも、
「悪質クレーマー」、そんな人は全体の何%なんでしょう?
そもそも「悪質クレーム」というよりは

これは「珍クレーム」の域です。

一般的なほとんどのクレームは、まとも でまじめです。

最近私はメディアや企業がこぞって
「クレーマー」という言葉で、ごまかしている気がしています。


「クレーム」=悪いこと、行儀が悪いこと

このイメージが定着してしまえば、企業側は楽ですもんね。
また企業はメディアからみたら、大事な広告のお客様ですから。

すいません。だらだらしましたが


悪質クレーマー=そんなやつはあんまり居ない

ということを忘れないでください。

クレーム=悪いことという図式にとらわれないでください。

嫌なことは嫌認められないことは認められない。

それがはっきり言える社会になったらいいですね。

色々ありますが、 クレーンは自分の意見を明確に正しく相手に伝える方法のことです。
安心してクレーマー活動に取り組んでください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です