台所スポンジについて考えてみた【断捨離】

本格的な断捨離して1年がすぎました。

今日は台所のスポンジを事例に断捨離についてお話ししていきます。

台所の断捨離で、お約束はこの2つと思います。

  • 三角コーナーはいらない
  • 排水溝の蓋はいらない

基本中の基本といえます。

三角コーナーなんて、絶対不要です。
断捨離をしてきて本当にこの意見には心から賛同しています。

さて、もう断捨離が少し進むとこんな感じになりました。

ステンレス専用のクレンザーはいらない

台所のものが減ったおかげと食洗機のおかげで、
洗い物が溜まらずいつもきれいにできるから汚れがこびりつきません。
なのでステンレス用のクレンザーとか不要になりました。
これは意外でしたー。
またクレンザーが場所取りますので、一石二鳥です。

スポンジもいらないかチャレンジしてみた

断捨離が進んだら台所専用スポンジもいらないという人もいますね。
スポンジなど使わなくても使い古した布巾などで十分対応できるということ。
しかも断捨離思考がすすめば、余計な油物なんかも作らなくなったので、
布で十分ということです。これはすごいなと思いました。

スポンジ完全不要は難しかった(我が家の場合)

ところがうちにはここで問題がありました。
どうしてもスポンジの存在が必要なんです。
うちの主人がスポンジを使ってお鍋などを洗ってくれることがあるからです。
スポンジがないと「スポンジが~(泣)」と主人が路頭に迷うのです。

これではかわいそうなので、スポンジ的存在が必要です。
あまり大きな鍋を使わずに小さいフライパンで済まして、
食洗機で洗っちゃうのもありですが、
そうもいかない時もあります。

それに脂っこいものなどはそのまま食洗機に入れることもできないため、プレ洗いが必要になります。
キッチンブラシも活用しています。大好きです。


でもキッチンブラシだけでは難しい時もあります。

ブラシでは密着度が悪いので、油汚れには不向きです。
やっぱりスポンジ的存在が必要か、と思わされました。

とにかく専用スポンジが嫌だった

スポンジというやつは何と言っても不衛生。
煮沸消毒などもしてましたがめんどくさいですね。
しかも煮沸消毒はスポンジによくないそうですね、知りませんでした。

参考記事 台所用スポンジは、やはり衝撃的に汚かった

東洋経済オンライン

愛する食洗機で洗ったりもしました。

関連記事 食洗機最高!


ですが食洗機終了後、どっさりと水を吸って重くなったスポンジを見て気分が悪くなります。

これは本当に綺麗になったのか?と、かえって不安になりました。
食洗機から出して水切りするも、なんだかキモチが悪いもんです。

ベランダに干す

こんまりこと近藤麻理恵さんはベランダに干してるらしい、という噂も聞きました。
ベランダ!なるほど!とは思いましたが、毎回ベランダまで取りに行くのは、めんどうでした。
自宅の台所にぶら下げてみたりしましたが、ポタポタ水が落ちてきたり、気持ち悪い。
どうもしっくり来ませんでした。干すのも断念しました。

スポンジのことを考えたくなかった

スポンジは消耗品なので、買い替えをしなくてはいけないですよね。
スポンジは衛生的ではありませんので、気を使います。
衛生的じゃないくせに、衛生さを要求される物。
かなり面倒な輩です。

雑菌が溜まりまくり、いつも取り換えたい、というタスクが発生します。
雑菌は目に見えませんが、なんとなく不安です。
買い替えなきゃ、買い置きしなきゃ、新商品が出て、どれにしようかといつも迷います。
スポンジは可愛いものも多いですが、とにかく商品数が多いです。

どこか私の心に引っかかっていました。
使い捨てがいいなと思い、安い5個入りのスポンジなどを買ってきて使い捨てした時期もありましたが、
場所を取るし、どうもスッキリしません。

あーーーめんどうだ!とにかくめんどくさいなといつも思っていました。

でもそんな時、なぜかこれに出会いました。

ストリックスデザインのキッチンスポンジ スクラブクロスです。

形状はペーパータオルに近いものです。
薄いスポンジのような素材で出来ています。場所も取りません。

使ってみて思ったのが、めちゃくちゃ衛生的。
衛生的以外の何者でもありません。

スポンジ好きの主人も「これならいいや」と納得してくれました。
物足りない場合は2枚重ねて使うと随分様子が変わります。

実はグリーンもある

この商品はイエローですが、グリーンもあります。
私はグリーン派ですが、人気があるのか、現在はケースでしか売っていません。
残念ですが、イエローのAmazonレビューだけでも読んで下さい。

意外とコスパがいい

この商品は600円ぐらい。一見高そうに思いますが、使い道が広いので
トータル考えると逆にコスパが高いということに気が付きました。
台所スポンジ、お風呂場スポンジ、雑巾などを取り揃えておくことを考えると
効率もコスパもいいのです。使い道はこの後に書いています。

そんなに場所を取らない

ぴっちり巻いてあるので、キッチンペーパーより少し大きいくらいです。
そんなに場所を取りません。

使い道がたくさん

なんといっても使い道が多い。スポンジなのに雑巾のようにも使えます。

これ一つで食器洗いはもちろん、レンジ台の掃除、お風呂場の掃除、どんなとこでも掃除ができます。
お風呂用スポンジも非常に不衛生ですよね。
湿気た場所にずっと置いておくので、怖い存在だったんです。
でもスポンジタオルでついで掃除+使い捨てができるようになったので悩みが3つくらい消えました。

貧乏性のわたしのおすすめの使い方

食器用で利用しその流れでシンクなどを洗う
別に食器用だけでなく、同じものを使い回すことができます。
油分がついていないのであればそのままお風呂洗い、洗面所洗いにに使います。
その気になれば、トイレ掃除にも使えます。
捨てる直前に普段なかなか洗えない排水溝も洗って捨てます。

どうせ捨てるんだから、ついでにこすっておこう、という気がおきます。

脂っこいところに向いています。例えばガスのレンジフードとか。
布ではなかなか落ちないけど、スポンジクロスならかなり落ちます。

電子レンジの中、鍋底など手にぴったりついて擦りやすいのでとても使いやすいです。
細かいタイルの間なども簡単に洗えます。

私はインスタントポットを愛用していますが、本体を拭いたりするのにとってもいいです。

関連記事 インスタントポットと断捨離

この商品の弱点

いいことばかりではありません。弱点もお話しておこうと思います。

意外にもろい

弱点は、「少し脆い」ところです。
あまり力を入れてこすりすぎてしまうとポロポロと崩れてきます。
力加減を上手にすれば、結構使い倒すことができるのでこの辺は慣れが必要です。

泡立ちはイマイチ

さきほども言いましたが、いわゆる専用スポンジのように洗剤をつけてもモクモクと泡は立ちません。
泡を立てるのが好きな人には少し物足りないかもしれません。
でも洗浄力としては十分です。これは好みもありますね。

ご参考に 洗剤を変える

そんな弱点を補うのに泡タイプの台所用洗剤を使うのをおすすめします。
私はもう普通の台所用洗剤は使わず、この泡タイプだけで過ごしています。

全く問題ないです。

むしろこの泡タイプであれば、深いコップや水筒なども洗える上に、
シンクの掃除なども吹きかけて使うことができます。
泡なので泡たてる手間もありません。

そんなわけでもう一般的な液体型の台所用洗剤はしばらく使っていません。

おまけ その他洗剤

住居用の洗剤も、ウタマロ洗剤もスプレーのものに切り替えました。
これもミニマリストさんの間では結構メジャーですね。
お風呂もトイレも壁も床もこれ一本です。
それまで5種類くらいあった専用洗剤が不要となりました!

片付け掃除が嫌いじゃなくなった

私は掃除が大嫌いでした。いわゆる汚部屋住人に近かったかもしれません。お皿洗いはとくに大嫌い。

料理は苦手。家事全般ダメなタイプでした。
独身時代はほとんど家で食事をした記憶がありません。
そんな私も子供が生まれてからの家事デビュー。
というちょっと苦痛な日々でした。

断捨離のおかげで家事全般、嫌いじゃなくなった

断捨離が程度すすむと「アイテムの切り替え」が必要になります。
でもそのおかげで嫌いだった家事全般が、不思議とだんだん好きになってきました。

好きになったというのは大げさかもしれませんが、苦じゃなくなりました。
これは断捨離のおかげだと思います。

捨てるだけの断捨離はつらい

断捨離は大事にしまってるだけの断捨離は非常に苦痛です。
生活を便利に、楽しくする工夫を怠らないようにしたいと思っています。

まとめます

スポンジは使い捨てで衛生的にできる。
タオルタイプにすれば利用方法が広がる。
場所を取らないため、スペースパフォーマンスが上がり断捨離につながる
泡立ちが気に入らないときはスポンジの変更に合わせて洗剤

世の中にはほんといいアイテムがありますね。
よかったらこちらもおよみください。

関連記事 料理が苦手な人向けキッチングッズ

ここまでお読みいただきありがとうございました。