弁護士保険サービス

弁護士保険サービスに関心がある方や
検討中だけどアンチ意見も知りたいという方お読みください。

以前から、企業向けの弁護士定額サービスがはじまっていますね。
もちろん個人向けも結構盛んです。

このサービスについて調べる人は
「最近いろいろ揉め事が多かったのよ」とか
「周りの人が揉め事でひどい目に合っているのよ」とか
不安になっているタイミングの人かもしれませんね。

ワタシは関心がありましたが、経験はしておりません。

理由として、検索と調査、
クレーマーならではサービス提供者に厳しめの 問い合わせをし、
結果「不要」という結論を出しております。

その中でも保険がついているものもあります。
月額1,000円程度払うと、有事に対応してくれますよ、というものです。

弁護士保険コモン
https://yell-lpi.co.jp/komon-m/
これ以外にもありますので、一例です。

小さな子を持つワタシとしては「いじめ保険」が気になり、
調べていくと「おや、対象がえらい幅広いな」とおもいました。

主な対象とは

  • あおり運転被害
  • ネット誹謗中傷被害
  • パワハラ、セクハラ
  • 子供のいじめ
  • 浮気の離婚 などなど

と幅広くサポートしますよ、というものです。

クレーマーを自負するワタシには非常に関心高いサービスです。

ただ、「保険」とは、何を指すかがワタシにはしっくりきませんでした。
なので、電話して聞いてみました。

クレーマー力のワタシにとっては事前調査も簡単です。
遠慮なく電話します。

過去記事 クレームのすすめ

正しいクレームを日々行っていると問い合わせなんてめちゃ楽ちんです。
後で余計なクレームをしないためにも、
事前にしっかり聞いておくのは大事ですよね。

本題です。ちなみに保険サポート内容は主にこちら

  • 法律無料相談(20分まで)
  • 相談時間がオーバーしても保険適用と認められると保険金が降りる
  • 問題内容を弁護士が精査して、保険適用か判断する
  • 訴訟などに至った場合、訴訟費用は保険から支払われることもある

ざっくりこんな感じですね。

「どちらかというと、初回相談をメインにしたサービスですか?」
と聞いてみたら、

やはりそれが出発点なので、
保険加盟者優先の対応をしており、
それ以降はケースバイケースなのでその先は細かく書類を作り判断します、

ということです。

うん、曖昧です。

弁護士保険は「とにかく曖昧」。
仕方のないことかもしれません。
そもそも保険化には無理があるのかもしれませんが、
このサービス自体が明確化できないのではないでしょうか。
唯一明確なのは「法律無料相談」のみでした。
不安に思った事を気軽に聞けますよ、って事です。時間は20分まで。
これは弁護士サイドから見たら「集客」となります。

保険とはいいづらいサービス

じゃあ、訴えてやる!となっても、
問題内容を弁護士が精査する(=勝ち取れるかしっかり確認する)なので、
実際に保険適用になるかは
ススメてみなければわかりません。

また、仮に弁護士がヘマをした場合、負ける場合もありえますよね?
弁護士だって人間ですから、そりゃヘマもしますよ。
その場合は保険適用外となりえる可能性が非常に高いと考えます。

裁判するとどうしても弁護士任せになります。
法律言語は非常に複雑ですし、過去判例など難しい話ばかりで、
「弁護士がこういっているから、仕方ない」になってしまいます。

法的措置は、クレームの最終手段

どうしても着地に至らなかったが、諦めきれない、許せない、当然ありえますよね。泣き寝入りはする必要ありません。

ワタシはクレーム推進者としてこのサービスに非常に関心を持っています。
どのくらいサポートしてくれるか気になりました。

ワタシが考える法律相談や裁判とは、「クレームの最終形」です。
できるなら、そうなる前に日々の小さなクレームで問題解決しておくことが重要と思ってます。
法律という第三者を巻き込むまで大きくなる前に、
日々のクレームで解決できることはたくさんある、と信じています。
だからクレームを進めています。
ただ、事故的なものや、離婚など、
どうしても弁護士に頼らざる得ないことはたくさんありますので、
調べておくのは良いことです。

弁護士採用するときも、
うっかり友人紹介の人なんかになんとなく頼んでしまうのも危険です。
紹介は大事ですが、他社もよーく調べてから契約が必要です。

ワタシの結論
弁護士保険サービスは(この程度なら)不要である

申し訳ないけど、弁護士側の集客サービスの域を超えていません。
無料相談なんて、どの事務所でもやっています。
保険加入しても保険も降りるかわからないし、
弁護士費用は普通にかかるし、
訴訟起こしても負けたら何も変わりませんし、
勝てば普通に成功報酬取られます。
これって保険と言ってよいのでしょうか?
ワタシには疑問です。

そもそも弁護士に対するイメージが変

あと、弁護士というものを、
非常にすごい存在と勘違いしている方が多いです。
難関資格だからでしょうか。

彼らはビジネスマンです。
集客して収益を上げるただのビジネスマンです。
お医者さんなんかも同じですね。
「相談しづらい…」なんて錯覚してはいけません。

特に最近は弁護士が増えてしまい、
集客に困っている弁護士はたくさんあります。
もちろんそうでは無く、意義を持ってやっている弁護士もありますが、
飲食店と一緒で、集客は彼らの悩みのタネです。

士業マッチングサイトは世の中にめちゃくちゃあります。
いわゆる集客システムです。
士業の方は結構高いシステム利用料を払って契約しているのがほとんどです。
(実際に士業の方からお話を聞いたことがあります)

まだまだ地位が高い(と思われている)士業と保険を組み合わせる。
そんな中「保険」というテイストを組み込んだのはすごい発想です。
なるほど、その手があったかと思いますね。

クレーマーからの意見1
「クレーム化しやすいサービスである」

では仮にクレーマーのワタシがこの保険に加入します。
いざ、有事、となります。
「これは保険対象外ですね。」と言われたら
そうカンタンには引き下がりません。
多分クレーマーとして揉めに揉めると思います。
理由は「尺度」が曖昧すぎるんです。
彼は法律家ですから、クレーマーに、こう言います。

「だから規約に書いてありますよね(微笑)」と。
虫眼鏡でしか読めないような規約を指摘するでしょう。

そしてWEB集客と実際の弁護士が完全に作業分担されています。
「それは担当外なので」と逃げられます。
うかつ分業化されたサービスに入ると、向こうの逃げ道が増えます。

それなら最初から一人の弁護士とだけ、話していたほうが確実です。

クレーマーからの意見2
「やはり日々のクレーム力を鍛えたほうが良い」

クレーマー推進者のワタシの考えは
「日々クレームで交渉力を高めておく」ことのほうが有益に思えます。

一般企業に物申せない人が、弁護士に物申せますか?
いつも自分の意見を正当に言えるトレーニングをしていないと、
何をやっても痛い目にあうのではないでしょうか?

自動車保険のCMを見てもこんなかんじです。

「相手の方に何を話したらいいかわからなくて…。」
「私達が代行します!」

ということです。

「あんた、何もできないでしょ?保険入りなよ」

ということです。それでいいのでしょうか?
保険料とっているんですから、
手続きで相手と話すなんて当たり前でしょうがね。

恩着せがましくて嫌いなCMです。
人の謙虚さや優しさにつけ込んでいるように思えます。
とはいえ、車の保険は入らなきゃいけませんね。
CMが嫌いなだけです。

ただ、生きているとトラブルは起こります。
事故に事件と、全くトラブルなく生きていくなんて到底無理なんです。
こういう保険があるってことは、
いかにクレーム力が重要かを再確認させられてしまい、
熱く語ることに至りました。

再度ワタシの結論
弁護士保険サービスは(この程度なら)不要である

前向きに弁護士保険加入をお考えの方には申し訳ありませんが、
あくまでワタシの一個人の意見です。
ひとつの考え方としてお聞き届けくださいませ。

いろいろがありますが、月額払っておんぶに抱っこになるまえに、
まずは買って失敗した商品の件を企業にクレームしてみましょう。

クレームグセをつければ
ぜったいあなたの人生の役に立つと思います。

過去記事 クレームについて考える

次の記事

拡散とクレーム