チンパンジークイズ全問不正解

こんにちは。くれみすとです。
少し前に話題になりました、「ファクトフルネス」お読みになりましたか?


良書!と評判ですね。
レビューというほどではありませんが、本当に良書です。
必読なので感想を書きたいと思います。

こんな方におすすめの記事です。

本の情報
書名 :FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣
著者 :ハンス・ロスリング、オーラ・ロスリング、アンナ・ロスリング・ロンランド
訳者 :上杉周作、関美和
出版月:2019年1月15日
出版社:日経BP社
定価 :本体1,800円+税

  • ファクトフルネス気になる
  • 最近本から離れている気がする
  • 老眼がつらいので本から離れている



ここからは個人の意見ですが、特にガツンと来たのが「チンパンジークイズ(通称)」です。

そのクイズ全問不正解のワタシがゆるくお伝えします。

この記事の内容

  • ファクトフルネスとは
  • チンパンジークイズとは
  • 読後、心に残ったもの
  • おわりに

ファクトフルネスとは

常識や思い込みをすて、真実を見よう、という主旨の書籍です。
ファクトをフルネスするんです。
これは「思い込みを叩きのめす事例集」のように思えます。
わかりやすく、様々な事例を持って一般人に楽しくわかりやすく説明してくれます。

チンパンジークイズとは

チンパンジークイズは通称です。書籍内では「チンパンジークイズ」とは表現されておりませんのでご注意ください。

「世界の事実」に関する13問のクイズです。

「チンパンジーなら適当に3割程度は当てるよ(何も考えないから)。でも人間だとどうかな?」
たしかに。えんぴつ転がしても3割はあたるかもしれません。

これのテストをすることで、「今の自分の真実理解度」を図って読みます、というざっくりした展開です。

全問不正解【ある意味偉業】

ここは私事で恐縮です。
「私はあまりテレビも見ないし、真実をいつも意識している系」な方、要注意です。
私もそっちよりです。そんな私はなんと「全問不正解」でした。
ある意味偉業を成し遂げた?と思わされました。

「きみはマスメディアに踊らされた極めて感情的な人だね」

という作者様の声が聞こえてきましたよ。一人で赤面しました。
なんと思い上がっていたのか!とショック大きくてこの本を読んだことを誰にも言えずにいました。

読書で、こんなにも心揺さぶられたのは衝撃の経験ではないでしょうか。

チンパンジークイズが12問試せます。読む前にやってみてもいいかも知れません。
https://factquiz.chibicode.com/

読後、心に残ったもの

「人は悲しい、残酷な出来事に心を奪われる。だからマスメディア感情に訴えかける。
真実はどうだろうか?あなたも真実をしってみないか?」という冷静だけどかなり強い内容です。

テレビ、新聞をできるだけ見ない、マスメディアには要注意、と意識していても、
自分は感情的な情報に振り回されているんだな、と内省することができました。

ニュース、マスコミへの視点が変わり、マスコミが怖くなるのでは無いでしょうか。
自分がいかに思い込んでいたかを痛感させられ、常識ってなに?と思いわされます。
そんな本、なかなか出会えません。
なぜマスメディアを否定するか?その本意も考えるきっかけになる一冊です。

気になるけど本が苦手

「本読むのが嫌いで・・・。」
「老眼で読書がきつくて・・・。」
「苦労して読みたくないな、でも内容知りたいな・・・。」

そんな人もご安心ください。活字嫌いな方も老眼の人にも朗報です。

アマゾンのオーディブル(Audible)はご存知ですか?

Audibleは聞くだけです。目を使う必要もなく、お風呂などで手を使わずに聞きましょう。
↓もちろんファクトフルネスあります。書籍リストだけでも見てみるのをおすすめします。

オススメ「本要約動画」紹介

聞くのすら面倒、と言う人にはYou Tubeの本要約が良いですね。
ぜひご覧ください。11分でめちゃわかりやすいです。
【11分で解説】「ファクトフルネス」を世界一わかりやすく要約してみた【本要約】

おわりに

感情に踊らされないで。
悲劇的なニュースに惑わされないで。
世界は確実に良くなっているよ。

この本のメッセージはここではないでしょうか?
作者はすでに他界しているようですが、
チンパンジークイズで凹んでも大丈夫。
最後は読者に「勇気と希望」を与えてくれ、なぜか心が温まる、素晴らしい一冊です。

最後までお読みいただきありがとうございました。