サロン脱毛【その勇気はある?】

どうもです。くれみすとです。

とても嬉しかったのでこんなTweetをしました。

今回は経験値を元に、サロン脱毛VS自宅脱毛をテーマにしています。

この記事の結論は ムダ毛を気にしすぎる恥ずかしがり屋さんは脱毛サロンに不向き
ということで「恥ずかしがり屋さんには自宅脱毛」をつよくオススメしております。

この記事はこんな方にお届けします。

  • 人目を気にするタイプ、恥ずかしがり屋さん
  • 夏前に少しでも脱毛したい
  • 脱毛方法がイマイチわからない

ぜひこちらも読んでくださいね。

エピレタ光脱毛【ムダ毛を殺せ】

この記事の内容

  • ムダ毛は女性の闇
  • 永久脱毛は永久ではない
  • いわゆる「脱毛」の種類
  • 硬毛化とは
  • 人目を気にする人、しない人
  • まとめ

「エステやサロンに行かなきゃ脱毛できない!」と思い込んでいませんか?
本気で脱毛サロン探している方、あなたは豪気ですか?
戦国武将のような豪気さがなければ、通院は続きませんよ
というのが持論です。
ぜひこの記事を読んでご検討ください。

ムダ毛は女性の闇

ムダ毛対策は女性の闇と言えます。
若かりしころは悩みすぎましたがいまでも面倒でいやです。
脱毛についてさまざまなトライを繰り返したワタシ。

一時期サロン脱毛に通った時期もあったのですが
あの時知っておけばよかったー、がたくさんありました。

永久脱毛は永久ではない

はい、これ重要です。
「永久脱毛したのに、また生えてきたよ」という話を聞いたことありませんか?
そうなんです。永久脱毛は永久ではありません。
ある程度の数値をクリアすると「永久脱毛」と呼ぶことができるだけです。
理由は簡単で、殆どの場合は「ホルモン問題」です。
仮に「永久脱毛」と呼ばれるものを行っても、ホルモンバランスが変われば変わっちゃいます。
妊娠して毛深くなる、なんて人もいますので。
ただ、脱毛を行っておけば、いきなりフサフサになったりはしません。
「永久」は無いとご理解を。愛と一緒です。

いわゆる「脱毛」の種類とは

だいたいこんな感じですね。だいたいです。

  • 光脱毛、フラッシュ脱毛
  • レーザー脱毛
  • ニードル(針)脱毛

一般的にこれだけ知っておけば入門編はクリア。

それぞれの内容はこんな感じです。

光脱毛、フラッシュ脱毛

光を当てて毛根を殺します。専用機器があれば自宅でも簡単にできます。
黒いものに反応させることで効果を発揮しますので、毛が黒くないと意味ないです。
そのため産毛など色が薄い毛には効果が弱いです。
そして白髪は脱毛できませんので注意しましょう。
いわゆる「脱毛サロン」はこれを利用しています。

費用は安価、自宅用機器なら14,000円程度で売っています。
サロンに行っても比較的安価です。

私はエピレタをオススメしています。
約三ヶ月の自宅脱毛で今年の夏はとても快適でした。特にワキ。
過去記事お読みください。

過去記事 エピレタ光脱毛【ムダ毛を殺せ】

レーザー脱毛

医療行為が許される医院など行える脱毛方法です。
原則は光脱毛と同じで、黒いものに反応させる方法です。
「レーザー」というくらいなので毛根狙い撃ち度がかっこよいので、光脱毛と比べると効果は高いです。
もちろん施術費用も光脱毛より高くなりますね。

ニードル脱毛

「よ!でました!大御所!」というくらい昔からある脱毛方法。
一本一本処理するため時間はかかるものの、白髪だろうが産毛だろうが確実にしとめるそうです。
言うまでもなく高額な方法です。
そして、痛い。(個人差あり)
ワタシの友人は毎回泣きながら通っていて、途中で挫折してました。
その話を聞いていたのでワタシは試しませんでした。
お金持ってて、痛みに強く、気合入っている人向けです。
これを受けたい方は相当調べてからが良いでしょう。

硬毛化とは

不気味な名前ですが、そのまんまです。
光脱毛やレーザー脱毛を行ったのち、
毛根がハンパに刺激されてしまったため、かえって毛が太く濃くなる現象です。

これは怖い・・・と思う方もいらっしゃると思います。

【結論】硬毛化は特に恐れる必要はない

というか、恐れても仕方ないことです。なぜでしょうか?
理由は2つ。

理由1 硬毛化は発生率が低い
硬毛化の発生率は1-10%。随分広いですが、正確な情報はありません。
脱毛サロンや医療脱毛機関が「だいたいこれくらいかなー?」という目安を出しています。

発生する箇所は産毛ゾーンです。背中とか腕とかは毛が細いため、
中途半端に刺激したため毛根元気になって太く濃くなっちゃうということですね。

サロンによっては「硬毛化保証」ということをやっています。
どうせサロンに行くなら保証ありのところに行きましょう。

人目を気にする人、しない人

相当な恥ずかしがり屋さん、ムダ毛が気になりますよね。
恥ずかしがり屋さんだから余計にムダ毛を気にしますよね。

断言できますが、かならずハイジニーナ脱毛もやりたくなりますよ。

仮にサロン脱毛に行くとして、
ワキ脱毛、足(スネ下)でも結構恥ずかしいのに
ハイジニーナ脱毛やるとするとこういうことです。

俗に言う「VIO」ゾーンですね。

出典 ミュゼプラチナムサイトより

まあ、そのまんまですね。
ちなみにワタシはサロン脱毛で「Vライン」を試しましたが、
当然施術にあたり、開脚するシーンもありまして、恥ずかしすぎてちょっと無理でした・・・。

ましてや「Iライン」とかあり得ません。
こんな開脚できますか?産婦人科でも辛いのに、脱毛で?

サロンは「大丈夫大丈夫」と言いますが、本当に大丈夫ですか?
その勇気は持っていますか?

絶対に契約前に検討しておく事項です。

結論 恥ずかしがり屋にはサロン脱毛、医療機関脱毛は無理

「大丈夫、大丈夫、サロンの人は慣れているから、心配ないよ!」
という豪気な方はぜひサロンへ行きましょう。

友人が利用してた「リゼ」

テレビCMもやっていましたね。結構有名で、ワタシの友人も通っていました。
友人は忙してくて行けなくなりましたが、良かったと聞いています。
詳しくは下記御覧ください。

硬毛化について説明あり「Mビューティークリニック」

硬毛化保証について電話で説明してくれました。親切な窓口さんです。
Mビューティークリニックの場合、脱毛コースの終了後3-6ヶ月に受診し、
医師の診断後、硬毛化があった場所のみ、1年間以内に2回無料で追加施術を受けられます。
硬毛化の判断は写真を撮って行うそうです。詳しくは下記を御覧ください。

まとめ

他人に行ってもらう方法は、恥ずかしがり屋には敷居が高いです。
ワタシはいつかロボットが自動で施術してくれる時代を待つことにしました。

まとめますと、
恥ずかしがり屋って時点で、サロンや医療機関脱毛は厳しい!と思いましょう。
そして店舗で施術を受ける以上、通いやすい場所にしなくてはいけません。
転職や引っ越しなど、生活が変わると大変です。
お得なお店は予約が一杯で、一回の時間が非常に短かったりと意外と問題も多いです。
何度も通うのも大変ですね、よくよく検討が必要です。

  • 恥ずかしがり屋は、自宅脱毛コツコツ脱毛
  • 豪気な人な人は、サロン脱毛または医療機関脱毛
  • 時間OK、通院OKな人は、サロン脱毛または医療機関脱毛
  • 脱毛範囲狭い人は、サロン脱毛
  • めちゃくちゃ剛毛な人は、医療機関脱毛    
  • コストOK、完璧主義な人は、医療機関で高レベルレーザーまたはニードル

以上でございます。
しつこいようですが、自宅脱毛、手頃で最高でした。

オススメ脱毛器具はエピレタです。ぜひ過去記事お読みください。

過去記事 エピレタ光脱毛【ムダ毛を殺せ】

最後までお読み頂きありがとうございました。
良い夏をお過ごしください!