セタフィル【子供の乾燥肌対策】

こんにちは、くれみすとです。

今回はクレーマーがクレームしどころのない保湿剤「セタフィル」を紹介します。

【結論かなりオススメ

乾燥肌で悩んでいる人を見つけたら即薦めています。
幼児期から使うことができます。

こんな方はこの記事をお読みください。

  • 家族で乾燥肌 ※特にこども。
  • 保湿剤のコストは押さえたい
  • コストコにたまにいく
  • ヴァセリンを利用している
  • ヒルドイド系クリームを疑問視している

子供の乾燥肌対策に

保湿剤(ヒルドイド等のヘパリン類似物質系)をお使いの方も多いと思います。
保湿力は他界、でも血行がよくなるため、子供はかゆがっていませんか?
ヒルドイド系は重症な乾燥でないと、デイリー使いは避けたほうが良いと思われます。
ところが、ちいさな子供はかゆさを我慢できないので「かいちゃだめ」はまず通じませんよね。
血行促進→かゆい→かいてしまう では本末転倒です。

セタフィルは保湿力はあり、ちいさな子供も痒がることがすくないのでおすすめです。

ここからはセタフィルについて詳しく説明していきます。

セタフィル クリーム

商品名 :セタフィルモイスチャライジングクリーム

なんと500g超。ボトルに入っているので、がっつり使えます。
子供が調子に乗ってボトルに拳を突っ込んでも笑っていられる余裕が持てます。

コストコだけでなくAmazonでも楽天でも購入可能です。
何も言わずにアマゾンのレビューだけでも読んでみてください。

セタフィル ローション

セタフィルにはローションタイプもあります。

ローションタイプこんな方にオススメです。


・夏場の保湿・ベタベタするのが苦手
・伸びやすいので塗るのラク

※乾燥がひどい方は、夏場でも上のクリームタイプが良いでしょう。

番外編 セタフィルボディソープ

セタフィルにはボディソープもあります。
本当にソープか?というくらいジェントルすぎるクレンザーです。
意外に汚れも落ちて、かさつきません。拭き取り用でもつかえるくらい安心です。

↑見ての通り、モイスチャライジングローションとパッケージがそっくりで、一緒に浴室に置いておくと間違えますのでご注意ください。

【ご注意】セタフィルローション系の弱点

セタフィルローションには唯一の弱点があります。
それは、ポンプが悪い。最後まで使い切るのに困難することでしょう。
保湿剤は面倒になるとついつい塗らないなんてことになります。
そういう意味ではクリームタイプがおすすめです。

おすすめの塗り方

子供の入浴+保湿をワンセットにする

子供は肌が大人以上に乾燥しがちで、油断するとすぐ粉吹きカサカサ肌になります。

量が大事

おすすめは「ベタベタ塗り」です。
手の平全体に「こんもり」するくらい、べっとり塗ってください。

お風呂あがりにカラダをふかないで塗る

できればお風呂上がりは顔、体をタオルでふかずに濡れたまま塗ってください。
最初は濡れていも、すぐに自然と馴染みます。

お風呂上がりのタオルでふく前に、濡れた肌に塗ってしまえば、手間が省けます。
とくにアトピー系の人は悪化防止のために、肌の乾燥にはとても気をつかいます。
タオルは意外と摩擦が強いので、保湿後に余分な水分を取る程度にすると乾燥肌が改善します。

パパとお風呂のとき

忙しいパパが「せめてお風呂だけでも子供と入る」、というご家庭ありますよね。
ただ、パパはなかなか肌の保湿まで気が回らないものです。
子供時代に保湿習慣なんてなかったでしょうから仕方ないと思います。
ここはパパに塗ってもらいましょう。

お風呂上がったらママ担当、では忙しいママの負担が減りませんし、
ついでにパパのカラダにも塗って、親子で乾燥肌対策出来たらいいですね。

おわりに

セタフィル。もう何人にプレゼントしたか覚えていません。
超乾燥肌の友人、アトピーなりかけの子供がいる友人・・・。
たまに子供のお友達の肌に触れた時、「ああ、カサカサ…」と切なくなります。
肌荒れはかゆみで睡眠への影響が出たり、アトピーを悪化させたりしますので要注意ですね。

さて最後までお読み頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です