ニキビとの戦いに勝った日

まず私は長年、ニキビと戦っていました。
思春期から30代中盤まで、ニキビがない日はありませんでした。
仕事、酒をあびるほど飲み、喫煙をしながら走り回っていたので
「きっと、生活習慣が悪いからだろうな。」と思っていました。

生活習慣、食生活・・・確かに悪かったです。(反省)
スキンケア化粧品・・・いくら使ったか、わかりません。(反省2)
エステ、皮膚科 ・・・たしかに効果あったが、忙しくて続かず。(反省3)

ちょうど、30代中盤で、出産をしました。産休、育休に入り、
育児に追われ、外出も近所の公園くらい。
メイクする機会も少なくなり、いわゆるダブル洗顔はしなくなりました。

ある日、ふと思うと「ニキビできなくなったなあ」と気づきました。
「やっぱり、生活習慣かな?」と思いました。
でも子育てって、あまり生活習慣も食生活もよくないんです。(私だけ?)
夜中はしょっちゅう叩き起こされて、自分の食事なんて適当だし。
はっきりいってストレスだらけですよね?

調べてみました。長年悩まされたニキビはなぜ良くなってきたかと。
分かりました。
ネットでいろいろな記事を拝見し、自分なりに仮設をたてて。
治った理由は非常に簡単でした。
「顔を洗わなかった」からでした。

顔を洗わないと、気持ち悪いですよね?
でも顔を洗うと肌は荒れるんです。洗顔料、メイク落とし、タオル、そして自分の手で顔を弱めていくんです。そして意外と怖いのが「水」です。
摩擦をしないのが最大の対策と思いました。
よく昔の人が言ってましたよね?
「肌には何もしないのが一番!」って。本当にそんな感じです。

私のオススメな方法を記載します。

  • メイクは仕事上、するしかないので、化粧落としを見直す。メイク落としにオイル系は使わない、クリーム系、ジェル系にする。
  • ダブル洗顔はしない
  • あまり水ですすがない。気持ちが悪い場合はタオルやウェットテイッシュで優しくふきとる。拭き取るときはクリームなど塗ってからがなお良い。
  • タオルは極力使わない。ふかずにクリーム等を塗り、自然乾燥に近い形を取る。
  • 化粧水シートパックはしない。(角質が弱まるため)
  • はがすパックは絶対しない。

角質層が壊れると、保水できなくなるため乾燥します。
角質層が壊れると、肌は弱くなり、ニキビができます。
本来の機能を回復させるために、摩擦をさけ、保湿をしていけば良いという
極めてシンプルな話です。

ニキビ=脂性肌 という考えはどうかと思います。
水分が少ないことで、肌が油分を過剰分泌している可能性が大きいです。

ニキビ=混合肌 というのもありますが、混合肌はまず、乾燥肌と考えるべきでは?とも思います。

コスメブランド側の目的は
バンバン洗ってもらう(メイク落としや洗顔料が売れる)
バンバン保湿してもらう(化粧水や美容液が売れる)
この戦略に乗っかてしまうと、肌は治らないかもしれません。

肌が本来の強さを取り戻したら、女優肌を目指してもいいですよね。

どうしてもニキビができてしまったらこれを使いましょう。
ドルマイシン軟膏について記事
https://www.iroiroarimasuga.com/2019/04/01/post-188/

とにかく、出来てしまったら、触らない、顔も洗わない。
で、このドルマイシン軟膏をたっぷり塗って、寝てください。
翌朝は驚くほど良くなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です