ネットスーパーを使わない理由が不明

くれこです。相談スタイルで粘り強く実施するタイプの自称やさしいクレーマーです。

ネットスーパー、使っていますか?
抵抗感だけで試してない人、いませんか?

いつも思うのですが、自分の生活を向上させるものは、「今の自分にはないもの」です。

いきなり何がいいたいかというと、自分が持っていない、やっていないものにチャレンジするから
良いものが見つかるということです。

ネットスーパーは良い例で、意外と試したことない人が多すぎます。

Amazonで雑貨は買うけど、食料品はスーパーに出向く、という方も多いです。

試さないとわからないものを、試して問題あれば相談しましょう、というクレーマーです。
でも、クレーマーがクレームする必要がなかったサービスは、自信を持っておすすめします。

「ネットスーパー、つかってみようか迷う」、そんな人にこの記事は書かれています。

この記事をぜひお読みいただきたい方

  • ネットスーパーに抵抗がある
  • ネットスーパーは買い過ぎちゃうと思っている
  • ネットスーパーは高いと思っている
  • ネットスーパーはどこがいいか分からない

さて、今回はネットスーパーです。

私のまわりにも「やっぱりお店に行かないとね~」と
毎日のようにスーパー通っている人も意外と多いのです。

でもぜひご一考ください。
こんなこと、心当たりありませんでしょうか。

外に買い物にいくことの問題点

女性であれば、「さすがにスッピンじゃ行けないわ」と、わざわざメイクと着替えをして、
買い物に行き、商品を選び、支払をして袋につめて、重たい荷物を持って帰る。

帰宅して「つかれたー」とか言いながらそれら冷蔵庫やストッカーにしまう。
時間で考えても、1時間で終わればいいですが、なかなかな時間がかかります。

新商品のアピールや特売品などのアピールに負け、時には余計なものを買ってしまったりするでしょう。

滞在時間”10分”が正解?【スーパー店員】暴露!本当は教えたくない「得する!買い物で節約術6選」

ヨムーノ サイトより

実店舗は誘惑のるつぼ

お店は販売のプロです。ついで買いをさせるプロです。

あのドン・キホーテもは開業当初は斬新な陳列を編み出し、大きな企業になったそうです。

「働いてないから時間あるのよ」なんてお優しい方もいらっしゃいますが、
そこはもう一度考えていただきたい。思い出していただきたい。

たとえばお子さんを連れてのスーパー。「あれかってこれかって攻撃」は120%です。
だいたい子供はスーパーとか苦手ですし、お菓子やおもちゃを買ってくれるからいこうかな、程度です。

よもや、苦行。

親からしたら、これは苦行です。節約したいとまで思わなくても
余計なモノを買いたくありません。
くれこはモノを減らすのにいそしんでいますので、なおさらです。

関連記事 断捨離とクレーム


食育の一貫で、食べ物について教えたいとか、目的があればいいのですが、
そんなのに関心もない子供たち。仕方のないことです。

お金に時間に過剰在庫を引き起こす実店舗でのお買い物。

これは非常にもったいないお話ではないでしょうか?
そしてキモチはどうでしょうか?
忙しい日々に食品買うだけで時間と心を奪われていませんか?
そんなとき、ネットスーパーは使い方によっては生活の大きな味方になります。

では長年の利用者の視点で、ネットスーパーのメリットを掘り下げたいと思います。

ネットスーパーのメリット

ネットスーパーは非常に有効なのは、わかりやすいメリットはこちらです。

1,運ばなくていい(労働省略)
説明するまでもありませんが、どんなに重くても大量でも、ネットスーパーは家まで持ってきてくれます。

2,行かなくていい(時間短縮)
スーパーの往復は地味に時間がかかります。メイクしたり、軽く着替えたり。
自転車乗る方も前が重いし、つい買いすぎてタクシーでも乗ったら惨劇です。
「いや、そんな人いないでしょ?」と思うかもしれませんが、
スーパーの袋やマイバッグを抱えてタクシー止めている人、意外と見かけます。

3,余計な買い物をしない(思考省略)
「ネットで買うと、余計な買い物をしてしまう。」と考える方がいます。

少々お待ちください。食料品はちょっと事情が違います。

なぜか、深掘っていきましょう。

生活における変動性が高い商品

化粧品とか、洋服とか、色々なもので送料無料のために買いすぎたり、
実際に見て買えないので失敗した、という経験からの思いですね。
この手の商品はとても変動性が高いものなんですね。
新しいことへのチャレンジを進めるクレーマーとして、大賛成です。
もっと良いものを求める世界です。

では食料品はどうでしょうか?

食料品はレギュラーが多い

醤油や味噌や飲料。だいたい同じものを買いますよね。
いつもキッコーマン醤油を使っている人はいつもそれなんです。
時々変えるかもしれませんが、醤油ジプシーはあまりいません。
いきなりベジタリアンになるくらいのインパクトがなければ、食料品のレギュラーはそうそう崩れることはないのです。

いつもの商品を買うにおいて、実店舗よりネットスーパーが良いと思います。

冷静な買い物ができる

ネットスーパーではつねにカートに入れながら、金額も計算しながら購入できます。
予算感覚が保ちやすいのです。
ネットスーパーなら最後の最後で減らすことが簡単です。
「その売場まで戻って商品を戻す」必要もありません。
ボタン一個で返品完了です。
なので少し気をつければ買いすぎることは、ありません。


実店舗はリスクが高い

「実店舗」とは実際のお店のことを指していますが、
しつこいようですが、実店舗というのは家賃、人員などコストが高いです。当然販売促進に気合が入っています。
チラシにのぼりにポップに配置。お魚の歌を流したり、販促していないお店はまずありません。
そして販促していないお店は魅力的ではないですよね。
なので実店舗ほど「ついつい買い」をするリスクが高いのです。
いや、もっというと「ついつい買い」をしてもらうのが目的です。

特売といいながら、近くに新商品や利益率の高いものを並べています。

特売の魚の横に、それを調理する調味料置いてますよね。
たとえばタイの刺し身の横にカルパッチョソースです。
これはよくできていまして、鯛の刺身は儲からなくても、
カルパッチョソースで儲かるような仕掛けになっています。

端的にいうと、「飛んで火に入る夏の虫」です。

くれこはスーパーや実店舗の小売店向けのシステム導入の仕事をしていたので、
経営者さんとお話することも多く、バイヤーさんと言われる方々とデータの取り扱いなどのお話を
ずっとしていた時期があります。
優秀なバイヤーさんはこの辺の仕掛けの名人でした。
「うわあ、こりゃ、買っちゃうわ!」といつも思っていました。

「いかに余計に買ってもらうか」の環境を作り出すが、彼らの大事なお仕事です。

成城石井に行ってみるとわかりやすいですね。
アホみたいに高い食料品がガンガン売れています。
あれ、地元のスーパーで買いますかね?買いませんよね。
それですそれです。

販売のプロが本気で店作りしていますので、気がついたら予定外のものを結構買っている、
ということになりやすいのです。

ネットは価格比較しやすい

実店舗での購入者は、ほとんどの購入価格を覚えていないそうです。
これも実態調査で出ています。

私は覚えているわ!と豪語する主婦の方もいますが、
特別安かったものや高かったものを覚えているだけでよほど記憶力が良い人でないと、
完璧に覚えていることは無理だそうです。

くれこは記憶力には自信がありませんので、「200円くらいかな?」しか覚えていません。

ところがネットなら、検索するとすぐ分かります。
ためしによく買う商品をEXCELの表にまとめてみてもいいですね。

ネットスーパーの買い物自体は楽しくない(かも)

楽しくない。これはネットスーパーのデメリットかもしれません。
実際の店舗に行けば「今日はこれが安い」「これが新鮮」「これがお買い得」など様々な要素があり、楽しいんです。
ワクワクしますよね、スーパー。購入の導線など、よく考えられています。
スーパーは周辺施設のイベント状況などを調べ、購入意欲を刺激しています。
「テレビでどんな製品を紹介するか」という情報をスーパー向けに配信している業者さんもあります。

レジ脇なんて良い例で、「ついつい」買いゾーンです。
レジに並んで前の人を見ていると、ついつい買っている人、いますよね。
レジ脇には利益率の高い商品が並んでいます。

節約にはネットスーパーが強い

そんなわけで実店舗での買い物は楽しくて刺激多めとなります。
節約したい人こそ行かないほうが無難です。
特売だから、と行って買って冷蔵庫はパンパンになりますので。

「メモしたものしか買わない」というすごい人がいますが、結構ハードル高いです。
ポテトチップスやちょっとしたお菓子に新しいお酒、子供にせがまれた玩具菓子。
玩具菓子なんて、危険極まります。
ラムネが250円とか、悲劇です。

たまになら良いですが、買い物のたびに買っていたら月にウン千円とか行きます。

特売品買っても、全くもって節約にならないのです。

メモ派の方も、ぜひ家に帰ったら買い物メモとレシート見比べてください。
99%はメモにない物を購入しています。

くれこは全敗にちかいです。笑

そんなわけで節約にもネットスーパーを強くオススメします。

オススメネットスーパーは「楽天西友ネットスーパー」

「そんなに言うならためしに使ってやろうじゃないの」という方。

くれこがネットスーパーについて語りましょう。

イオン、セブンネット、などネットスーパーは一通り以上使いましたが、
西友がダントツです。

価格も主要アイテムを何十品か比較したこともあります。
一例ですが、「おいしい牛乳1L」をくらべると
西友 は税抜218円
イオンは税抜228円  (2020年1月現在) です。

西友ネットスーパーは初回利用者は1,000円割引が付きますので、一度試してみたほうが良いです。

ただ、楽天になってから、使い勝手が若干悪くなりました。
楽天サイトに慣れている人は、大丈夫とは思いますが。

楽天西友ネットスーパー

ここから先は、細かい方法を書きますのでよかったらご参考にしてください。

西友ネットスーパー注文方法

楽天西友ネットスーパーログイン
商品選択
配達日時選択(夜配達もあり)

配達時間帯は早い者勝ちです。配達2日前くらいであれば大体OKです。

当日配達や、翌日夜間とかも取れます。
楽天アカウントなので、クレジットカードで支払い可能、
もちろん楽天ポイントがもらえます。

気になる送料

5,500円税抜で送料無料です。
買い物かごに商品を入れていくと「送料無料」までちゃんとカウントしてくれます。
(あと〇〇円で送料無料、などです。)

送料無料までのカウント表示
西友ネットスーパー 送料無料までのカウント表示

どんな物を買う

米   …こんなに重いもの、実店舗で買っちゃいけません。体壊します。
酒   …これも重い。実店舗で買う必要ありません。
飲料  …同上、お茶、水とか、牛乳とかは重いですから。
調味料 …例えばいつも同じ味噌、醤油なら買物履歴から買えば秒でOK。
雑貨  …トイレットペーパー、おむつ、ティッシュペーパーなどかさばる物。
     洗濯洗剤なんかもいいです。大容量系も売っています。

楽天西友の納品方法

分類別に小分けした商品をビニールに入れてきてくれます。
冷凍、冷蔵、食品、生活雑貨と分けてくれます。
ちなみに卵は手渡しです。割れていないかチェックだそうです。

地味に良いのがスーパー袋が無地です。
そしてレジ袋代無料。ネットですと袋代は取られません。※今後変わる可能性があります。

欠品について

注文時に「欠品がある場合代替品を提供」と設定しておくと、
頼んだ商品が欠品した場合、高めの商品に代替えされてくることもあります。
代替品が気に入らない場合もあるので、気になる方は代替品提供しないにしてください。

そうすれば、ただの欠品になります。
たとえ欠品して送料無料額を割り込んでも、それは西友の都合なので
送料取られたりとかはありませんので安心してください。

配達時

配達員さんが玄関まで持ってきます。
商品を出し終わるまでそばで待ってても良いです。
気を使って手渡ししてくれる人もいます。

忙しい時は配達員さんに「ここに置いておいてください」というと、
適当に置いてくれます。置き終わると「終わりましたー!」と教えてくれます。

ハンコやサインも不要です。

その他のネットスーパー

Amazonフレッシュ
他のネットスーパーは使う必要性を感じないのですが、 最近はAmazonフレッシュも使います。

ただ、商品センスがちょっとだけ合いません。

逆に「ちょっと変わったもの買いたいなあ」とかいう時は利用しています。
あと、食品を買うのにはフレッシュはサイト構成が分かりづらいです。

いつものAmazon製品を買うときは気が付かなかったのですが、
細かい食品を購入するのにはちょっと不向きな気もします。

Amazonの色々なサービスが入り混じっているので「あれ?これフレッシュじゃないんだ」と混乱します。

Amazonフレッシュの良いところはハンコ・サインが不要です。
普通のAmazonと一緒ですね。地味に助かります。
そしてレジ袋(無料)がちょっとかっこよいのが嬉しいですね。
あのスマイルマークなので結構好きです。

アプリ系スーパー

最近ですとアプリ系スーパー?がいいですね。

地域にはよりますが、例えばこの「OniGO」。アプリで頼めます。
値段は高いですが、めちゃくちゃ早い!ほんとに15分くらいで持ってきます。
「おまたせしました!」と配達員さんに言われて、「いや、全然待ってません。笑」と回答した記憶があります。

宅配スーパーONIGO

https://onigo.club/

まとめま

結論、ネットスーパーは絶対に使うべきです。
これについて異論は認めません、すいません。ネットスーパーは使わない理由はありません。

米購入タイミングで試してみる

ネットスーパー未経験の方におすすめしたいのは
「米を注文する」タイミングでの初挑戦です。
米は米屋さんで買っている、という方はもう少ないのでは?と思いますが、
もしスーパーで米を買って持ち運んでいるなんて人は、ぜーったいに試してみたほうがいいです。
米は単価も高いので、送料無料に近づきやすいです。

ネットスーパーは実店舗にくらべ、時間、価格、衝動、労力。全てにおいて有効です。
もし、まだ一度もネットスーパーを使ったことがない、という人いたら、
買わなくてもいいので、「試し買い物かごに商品に入れてみる」くらいはやってみましょう。
初回は500円程度の割引があるので、試しに買ってみるのもありですよ。

楽天西友ネットスーパー

ここまでお読みいただきありがとうございました。

2020年3月追記
只今世の中は新型ウィルスの影響で、ネットスーパーへの注文殺到により、
少々混乱しておりますが、平常時をベースに記載しております。

2021年12月追記
世の中随分おちついて来まして、ちゃんと注文ができるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

学校用品購入

次の記事

PCの大事さ