断捨離とクレーム

こんにちは、くれみすとです。優しいクレーマーです。

自己紹介はこちらです。

くれみすと。アラフィフのワーママ。現在は旦那さんと会社経営をしている。
20年来のクレーマー。大小あわせて延べ300件のクレームを企業に実施。
クレーム経験が人生に活かせることを知ってしまった人。
クレーム先業界は地方自治体、銀行、医療、教育、保険、旅館、飲食店、物販、メーカー、サービス業…と多数。
クレーム入門と検定を作るのが目標。

断捨離している方、多いですね。私もその一人です。
振り返るとおよそ1000のアイテム(個人分のみ、家族分含まず)を所有していて、現在は120くらいまで減らしました。

減ったおかげで、さがしもの時間が激減しました。
なくしもの、忘れ物の類いは「ほぼゼロ」を達成しました。

なくしものが無くなった話【クレーマーの断捨離】
 断捨離は果てしないけど、途中結果としてよかったな、という話です。


断捨離はライフワーク。現代病との戦いかもしれません。
自分のペースで頑張っていきたいものです。

今回の記事はこんな方、お読みください。

  • 断捨離がはかどらなくなった
  • 何を捨ててよいかわからなくなった
  • 断捨離がリバウンドしだした
  • 断捨離について違う角度でも考えてみたい

今回は20余年のクレーマーが考える「断捨離とクレーム」について。

断捨離がはかどらない大きな理由

断捨離をしていると避けて通れない「向き合い」と遭遇します。

自分との向き合い
過去との向き合い
他者との向き合い

3つの向き合いですが、大事なのは「自分との向き合い」です。
あとの2つはそのおまけくらいのものです。

前置きが長くなりましたが、「断捨離とクレーム」はなぜ関係するか、掘り下げていきたいと思います。

そのモノと自分の関係性を見つめる必要性【クレーム思考】

さて、クレーマーはクレームする前にまず、そのモノやサービスと向き合う必要があります。
ある企業に「あなたの商品はおかしいかもよ?」と言う以上、責任がありますよね。
間違っていることもあるかもしれませんが、自分なりに深く考えることになります。
一体何が問題か、一般的にはどうか、色々考えたり調べたりします。

そうすると、これはなんのために買ったんだっけ?なんていう根本的な問題にたどり着きます。
「やすかったから」
「急いでいたから」
「ちょうどその時期にこまっていたから」
「CMやサイトが好感持てたから」
「よい口コミがあったから」

などなど。

もちろん「完全にCMに騙された」とか「「口コミがやらせだったのか!」とか
気がつく苦々しい気持ちもつきまといます。

炊飯器で例えると

私はインスタントポット(電気圧力鍋)という調理家電が大好きです。

過去記事はこちらです。

インスタントポットは調理器具界のレゴ
インスタントポットが便利で面白すぎます
インスタントポットと断捨離

 その他、インスタントポットの使い方のコツなんかも書いてます。

私はクレーマーですが、インスタントポットには一度もクレームしたことはありません。
10,000円台で米も炊け、焼く、蒸す、煮る、と一台で幅広い活用法があり断捨離にはもってこい調理家電です。

インスタントポットは細かいトラブルは多いですが、いつもかんたんに回避できるからクレームしたことありません。
もっともっと良さを知ってもらいたいくらい、インスタントポットに感謝しています。

仮に、50,000円炊飯器を買ったとします。高いですね。相当美味しそうなご飯が炊けそうです。

その宣伝文句が「古米でも美味しく炊けます」でした。
ですが、古米を炊いても美味しくないと思いました。
ここで分岐が発生します。

A「古米だから、しかたないよね、期待しすぎちゃった」
と思ってあきらめる

B「いや、メーカーが美味しく炊けると言ってるんだから、なにか方法があるはず」
と思い、ネットで情報収集する

ネットで検索したBパターンは「美味しく炊ける」という情報記事を見つけ、
その真似をしますが、うまく行かないとします。また分岐が発生します。

C「うちのお米の種類がわるいのかな?」
と諦める

D「いや、他の人ができてるということは、何か固有の問題があるはずだ。」
問い合わせを検討する。


こうなると、クレーム(相談)の出番です。
固有の問題か、商品自体のレベルか、判断しなくてはなりません。

ここまで向き合ってクレームと言う相談行為にたどりつきます。

その先の結果はいろいろあるでしょう。

  • 操作方法を間違っていただけで解決した
  • 初期不良による交換となった
  • あまりにも誇大広告ということが分かり、返品や返金を要請した

すくなくともその決断を一人ではできません。相手と相談して決めることになります。
そこで面白いのは、相手は「向き合うべきモノの代弁者」となります。

一人で向き合うと、一人二役して向き合うしかありませんが、
なんと人間が代弁してくれるんです。まるでモノの声優さんです。

クレームはモノとかなり向き合う必要があるんです。
そして自然にそのモノに最終判断を下す必要が出てくるんです。

断捨離にはいつも「必要か、必要じゃないか」が問われますが、
そんなことが常に自己解決出来る人には、断捨離なんて必要ありません。

自己解決できないから、家はモノだらけなんですね。
クレームすると、モノと向き合うきっかけができ、向き合った経験が積み重なります。

クレーム(相談)は事前にもできる→断捨離の「断」

クレームになれると、買う前に相談することもできるようになるんです。
これは断捨離でいうところの「断」と思いますが、余計なモノを入れづらくなっていきます。

クレーム(相談)で進む判断→断捨離「捨」
捨てるとは判断と行動ですから、クレーム行動そのものだと思います。

クレーム(相談)で出る結果→断捨離の「離」
実は最重要です。
クレーマー的には「問題解決してくれなかったメーカーや企業のモノは利用しない」ということになります。
これは自分の価値基準なので、自分で好き勝手に決めていいんです。

私のクレームによる断捨離の「離」、実例はこちらです。

私ソフトバンク懲り懲りなんですよ。このグループはほんとにカスタマー泣かせです。
この例で言いますと、私にとってソフトバンクは「離」となりました。
今後ソフトバンクのサービスは使うことはないと思います。
私の人生の選択肢に「ソフトバンク」という文字は消えました。
ソフトバンクを検討する必要がないんです。
小さく見えますが、選択肢が明確に消えるというのは、とてもメリットがあります。

私は元来、小心者で日和見主義で八方美人です。
そんな私ですら「たまたまクレームできた」から、モノやサービスと向き合うことができるようになりました。

向き合うってかんたんじゃないのね

繰り返しですいませんが、モノや人と向き合うって、かんたんじゃないですよね。
だからゴミ屋敷があったり、人のいいなりになって泣き寝入りしてしまったり、
健やかな状態から遠ざかってしまうんだと、くれみすとは思っています。

そんな「かんたんじゃない」向き合いの入り口として、クレームはわかりやすいです。
「まあいいやで放置」で済むほど断捨離は甘くない。というか、甘くなかったです。笑

一見関係なさそうなクレームと断捨離ですが、
実は意外と関係性がある、ということで、みなさまの断捨離促進のきっかけになればこれ幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。