サウナで便秘改善した話

超便秘人間が、サウナで便秘改善した話です。

今回はサウナで便秘改善した話をします。
くれこは生まれてこのかた、バキバキの便秘です。

どのくらいの便秘人間か、はここに書いています。

「くれこはどの程度の便秘人間化、みてやろうじゃないか。」という人はどうぞ。

関連記事 超便秘・黒歴史

便秘有段者の黒歴史

今回のお題は「サウナで便秘改善」です。

ブームに乗じてはじめたサウナですが、良い効果がいろいろとあります。
くれこはクレーマーですが、サウナにはクレームしようがありません。

というわけで、サウナが便秘解消に効果があるのか、個人的見解を詳しく説明していきます。
月並みですが、くれこは医療関係者でも専門家でもなんでもありませんのであしからず。

便秘はプロ

ですが、便秘についてはプロという自覚があります。
有段者、黒帯、スペシャリストです。まったく嬉しくありませんが。

お通じってなんですか?という人でしたよ

お通じっていいますが、なんでしょうか?というレベルでした。
一応の定義はこちらだそうです。

お通じ Weblio

https://www.weblio.jp/content/%E3%81%8A%E9%80%9A%E3%81%98

こちとら、なにもしなければ、1週間に一度しか出ません。これで40年です。

お通じとか、そんな洒落たこと言っている場合ではありません。
もっと具体的に「数字」で見てみましょう。

お通じを数字で考える

アラフィフを仮定して、その幼少期を除いて40年として、考えます。

仮に一日1回「お通じ」あれば、
365日×40年=14,600回 ですが、
わたくし便秘族は、
365日÷7日×40年=2,085回です。

その差は驚異的ですね。

どうですか、この少なさ、天性の達人としかいえませんよね。
どれだけ体にマイナートラブルをもたらすか、想像できません。

その実績?をもって、便秘とサウナを深掘りしていきたいと思います。

大流行中のサウナ

流行っていますね、サウナ。
関心のある人でしたら「サウナでととのう」というキーワードはよく聞くかもしれません。
今回はいかに「ととのう」かというよくあるサウナ話ではなく、便秘解消した話です。
ととのう方法については、別記事でそのうち書きたいと思います。

さて、今回の記事が便秘の基礎知識がある方向けです。

ですので、今回はこんな方、およみください。

  • かなり長年の便秘の人
  • 過去にサプリなど試している人でそれでも改善しない人
  • もう便秘改善に医療は期待できないと思っている人
  • 薬を飲まずに便秘を改善したい
  • サウナに関心がある

てはじめにサウナの基礎知識を書いていきますので、
このへんどうでもいいわ、という人は飛ばしてください。

サウナ知識ない、という人は前提として、サラッと読んでください。

サウナの基礎知識

サウナに適当に入ればいいてものじゃないのはご存知かと思います。
一般的にこれがサウナルーティンの基礎です。

1,サウナ 約10分
2,水風呂 約2分
3,外気浴 約5分

※時間はあくまで目安です。体質や体調によって変わります。

上記の三種類×3セットが基本、ということは皆様ご存知かと思います。
これ知らないとサウナ効果半減しますのでご注意ください。

知らんわ、という方。もったいないです。ああ、もったいないです。

慣れてくれば色々な入り方があると思いますが、まずは上記の基本を試してみてはいかがでしょうか?

サウナを知るならこの本

サウナを知りたい方にはこの本をおすすめします。
とりあえずこれ一冊読めばOKです。Amazonで試し読みができます。
かなりの高評価ですので、レビューだけでも読んでみてください。

断捨離中の方にはAmazonのAudible版をオススメします。

関連記事 なくしものがなくなった話し【クレーマーの断捨離】

断捨離したら無くしものが無くなってハッピー、とう話

てなわけで、スマホ、PC聞き流しができるオーディオブックを断然にオススメしております。
勝手に読んでくれるので楽ですし、老眼にも最適。モノも増えないので一石三鳥です。
お試しなら無料なので聴いてみてください。

便秘との戦いの日々

くれこは原因不明、意味不明な便秘に長年悩まされてきました。
たくさんの薬をのみ、食品、サプリメント、腸マッサージ、
有名な手法や話題になった方法は、一通りためした経験を持っています。

しつこいですが、便秘有段者、黒帯です。

それでも改善せず、コーヒーエネマまでたどり着きました。
長い道のりでした。(遠い目)

やっぱりコーヒーエネマか【便秘改善】

どうしても便秘が治らない時はここに行き着く、という話

なお、くれこは便秘は上段者ですが、医療についてはど素人です。

じゃあなぜ、こんな記事書くの?という理由はこれです。
医療は私の便秘を改善してくれなかったからです。

医療は私を救ってくれなかった

医療や薬に長年期待をしてきたけど、くれこの便秘は解決されませんでした。
どんなに頑張ってもだめなものはだめ。
こりゃ、医療に見捨てられたわ、と思っています。

さて、前置きが長くなりました。本題です。

【考察】なぜサウナが便秘に良いのか

コーヒーエネマまで手を出しているので、便秘についてはマニアの域と自負しております。
コーヒーエネマについては関連記事をどうぞ。

コーヒーエネマに向かない人の3つの特徴はこれ

こういう人はコーヒーエネマに向かないという話。

これまで溜め込んだ便秘知識と経験を元に「なぜサウナが便秘に良いか?」を考えてみました。
主に4つの理由があるのでは?と思います。

その1 基礎体温が上がった

くれこは低体温でしたが、サウナに通い始めて基礎体温がぐぐっと上がりました

具体的には、三ヶ月通って、35.8程度だった基礎体温が36.5近辺にまであがりました。
あがりすぎですね。
季節の関係もあるとは思いますが、これだけでもサウナは良かったと思います。
基礎体温が上がるのは健康に得しかありません。
当然ですが体内の動きは活発になるので、内臓の動きも良くなります。
まずはここだけみても、便秘改善に良い効果あったと思います。

その2 水分を取るようになった

サウナに行くと水を相当飲みます。
飲まなきゃだめです。死んじゃいます。当然ですね。
「水我慢して体重減らそう」なんて危険なので絶対おやめください。

便秘に水は超重要

便秘には水分は重要ですよね。
便秘改善のためにコントレックスを一日2本飲んだことある人も多いのではないでしょうか?
これは昔めちゃくちゃ流行ったんですが、あの飲みづらさは苦行でした。

水分摂取が便秘に良いことは言うまでもありません。
これは異論は無いと思います。

ではサウナでの水分摂取について考えてみましょうか。

1回のサウナで1L程度は軽く飲めます。無理なくのめます。
なんなら2Lちかく飲めます。
体が水を欲するので、暑い日の生ビールぐらいグイグイ飲めます。
ビールはいけませんが、水なら少々飲んでも問題ありません。

意識して水分摂取量をふやすことも便秘族には必要です。

例えば、ミネラルウォーターのボトルが500mlなので、1本までしか飲まない人もいるかもしれません。

それはもったいないです。せっかくのサウナです、500mlで抑えずに、もっと飲みましょう。
水飲みチャンスです。

人によるのでムリは禁物ですが、最低の摂取目安は「サウナ前の体重が汗で減った分の水を飲む」です。
それ以上に飲めれば便秘にかなり有効です。

【重要】体重問題と混同しない

便秘解消をダイエット目的にしている人も多いと思いますので念のために。

サウナでの体重減を期待しては行けません。
「汗かいたのに体重がプラマイゼロなら意味ないじゃん」ではなく、循環するのが重要ですね。
便秘族は循環が悪いから便秘なの、と考えたほうが正しいでしょう。
サウナでの便秘解消とダイエットを混同してしまうのは危険です。

しつこいですが、サウナでは水をできるだけ飲みましょう。

サウナに入ると水が美味しいので、ちょっと水が苦手な方にもオススメです。
くれぐれもスポドリとかやめましょう。水です。水。
炭酸水とかもいいですが、個人的に苦手なので、省きます。

便秘改善を意識しているのなら、水のむしかありません。
そういう意味ではサウナは水と付き合い方が変わる大きなきっかけとなります。

サウナで便秘になる、という噂もあるが

サウナに行くと便秘になる、という情報もあるようですが、
おそらく間違いかと思います。くれこは経験ありません。

というか、くれこは便秘過ぎて、サウナで便秘が悪化しようがないのかもしれません。

こういった方の原因のおそらく、サウナ後の水分不足です。
サウナ上がったあと、水分摂取を怠っているのではないでしょうか。

サウナ上がったあとも、水を少しづつ飲みましょう。
そしてサウナには、多すぎ!くらいペットボトルや水筒に水を入れてを持っていきましょう。

そんなサウナでの水の立ち回りも書いています。

関連記事 ケチサウナ

ケチなくれこがサウナを以下に低コストにするかを考えた話

その3 交感神経と副交換神経

ここでかなり医学的なキーワードですね。ざっくり聞いてくださいね。

サウナでは、体温を急激に上げ下げすることで、交感神経と副交換神経を切り替えることができます。
高温なサウナで上がった体温と脈拍を水風呂で急激に下げ、外気浴でリラックス。
この手順で、交感神経から副交換神経へ強制的にスイッチします。
「緊張→リラックス」するんですね。これがうまくいくと、いわゆる「ととのう」ということです。
ものすごい多幸感を得られます。

細かい話を知りたい方は「医者が教えるサウナの教科書」を読みましょう。

でも、交感神経のスイッチは便秘に有効かは、便秘の種類にもよるかもしれません。

便秘の種類

この記事にたどり着いた人はかなりのマニアックな方なので、便秘に種類があることはご存知かと思います。
便秘の種類については、このサイトにわかりやすくまとまっていました。

便秘の種類 

市立御前崎総合病院 ホームページ

くれこが、「自分はこの種類の便秘ではないか?」と思っているのが痙攣性便秘です。

痙攣性便秘(けいれんせいべんぴ)とは

大腸の過緊張により、ぜんどう運動が強くなり過ぎて腸がけいれんを起こし、便の輸送に障害をきたしている状態。
大腸の働きを調節する自律神経がバランスを崩すことによって起こります。

緊張やストレスによる便秘、下痢はよくある話です。
友人は緊張すると下痢をしていました。
くれこは、下痢気味の友人がちょっと羨ましかったのですが、あれはあれで大変ですよね。

ストレスによる便秘とはいうけれど

便秘もストレスによって起こるのは周知の通りです。
くれこは緊張すると便秘になっちゃうグループに所属しているようです。

なんで人によって違うんでしょうかね。
それはわかりません、「体質」ってやつなんだと思います。
子供の頃から緊張感の高い家庭に育ちましたが、同じ家庭に育っても私の姉は快便族でした。

【奥義】ストレスだから仕方ない

最後は「ストレスだから」という言葉はこれまで10,000回くらい聞いてきましたが、
じゃあどうすればいいんですか?という感じですよね。
ストレスで済ましていたら、便秘は改善しません。

ストレスなんて、言い出したらキリが無いし、ストレスをなくすなんて無理です。
とはいえ、「どうせストレス」で終わらせたら、便秘は永遠に改善しないでしょう。

では、くれこは自分にあった改善方法はここだったのかな、仮定としています。

便秘解消のために、交感神経と副交感神経の切り替えをよくする

という目的だったらどうでしょうか?具体的ですよね、かなり。

これならまだ前向き。やる気も起きます。
ストレスとやらと戦う気もしませんか。
そのために、サウナを利用してやろう、という考えです。

サウナで交感神経の活発化

さて、サウナの基礎に話を戻します。

サウナでは高温で擬似の危機的状況を作り出すそうです。
熱いので座っているだけでだんだん脈拍が上がります。
だいたい平常時の2倍になります。

脳が、「熱い!!やべー!これ命の危険じゃね?」ってなっているので、脈拍があがります。

鬼滅の刃で、アザがでるためにも脈拍を上げるという話がありましたね。
心拍数200以上で39度以上でしたよね。確実に死ねます。

まあ鬼滅はさておき、サウナにとって心拍数を上げるのは非常に大事な目的です。

サウナには心拍数が肝

ちなみにサウナを出るときのナイスタイミングは時間ではなく脈拍数です。
その目安は平常時脈拍の2倍程度です。

普段平常時の脈拍が65/分の人はおよそ130/分ぐらいです。

私はヘタレなので約2倍に近いかな、程度までしかサウナに入れません。
人によりますが、それでも十分だと思います。無理は禁物です。

よくサウナ室にいる時間を目安にしてる人いますが、あまり意味ないかと思います。
汗をたくさんかきたいというのであれば、時間は有効かもしれませんが、
便秘解消にはあまり関係ない、というか、そんなに無理して過剰に汗かかないほうが良い気すらします。

たくさん汗かけたら嬉しいですけどね。
ちなみ余談ですが、最近はじめたドライブラッシングでサウナの発汗量が増大しました。

ドライブラッシングをしてみた

思った以上に気持ちが良いドライブラッシングがいい、という話。

このへん詳しく知りたい方は、先程のサウナ本読んで(聴いて)くださいね。

水風呂で副交感神経へ切り替え

サウナを出てから水風呂に入ると脈拍が急激に下がります。
そのまま勢いよくザブンって水風呂に入る人いますが、ゆっくり足から水をかけてから入ったほうがいいです。
まあ、これは好みもありますが。

水風呂で急激に血管が縮小し、脈拍がさがります。
すんごい勢いで下がります、これが面白い。
時計見て、測ってみてください。

水風呂入ったら冷たいから脈拍上がるんじゃない?と思っていましたが、逆でした。
正常な方なら1~2分くらいでもとの脈拍にもどりますが、個人差もあるのでお気をつけください。
くれぐれも無理のないように。

外気浴で超リラックスタイム

そこで外気浴して超絶なリラックスをします。
これが交感神経と副交換神経のスイッチのトレーニングになるそうです。
外気浴、ほんとに色々なことを忘れられる瞬間です。
子育ての悩みすらこの時ばかりは消え失せます。

関連記事 子育てのイライラにサウナ

子育ては楽しいがイライラがつらい、そんなときサウナが役に立った話

ああ、リラックスってこういうことなんだ、って思いしらされます。
ズブの素人のくれこでも、リラックスについて知ることができました。

その4 自分のペースで行える

ある意味、これが便秘解消に最重要な気がしています。

便秘は家族や仕事などの環境に振り回されると、起こりがちです。
くれこも忙しかったり、旅行にいったりすると、すぐ便秘になります。
便秘になるというのは正しくないかもしれません。
デフォルトが便秘なんですから。

普通は便秘になったら、ひとまずは薬をのもうか、と思いますよね。
でもこれって意外とタイミング図らなきゃいけないです。

便秘薬の常習者さんならわかると思いますが、
明日は朝からミーティングあるからやめておこう、とかいいだしたら、3日くらいあっというまに過ぎ去ります。
かりにタイミングをあわせても、その場しのぎです。
出さないよりは遥かにいですが、長い目の改善にはなりません。

サウナに即効性はない、が

サウナには、便秘改善の即効性はありません。
でも、行ける時間だけ確保すれば、自分のペースでボチボチできることがいいんです。
誰かにとやかくいわれることはありません。

ある程度のサウナルーティンを守れば、自分の好きに無理せずに行っていいと思います。

サウナは気分がいい

あたりまえですいませんが、最高に気持ちが良いです。
サウナでととのえれば、うまく行くと幸福感が満載となります。
体調にもよりますし、ととのうには慣れが必要かもしれません。

「ととのう」がわからない、というサウナ利用者さんもいます。
わかんなくてもいいんです。ととのわなくてもいいんです。
自分なりに気分がよくなればそれでOKです。

そのついでに便秘にもいい効果があるかもしれません。

怒りっぽい人にはとくにおすすめです。
怒っても便秘は治りませんので。

くれこの感じたの効果

ほっておくとすぐ便秘のくれこはコーヒーエネマも併用していますが、
サウナに通い始めてから自然の便通の回数が確実に増えてきました。
長年の便秘人間からすると奇跡です。

とはいえ、出ない日もある

サウナに通いだしてから、調子がいいとほぼ毎日出るようになりましたが、
でも調子崩すとあっさり便秘です。くれこはもう諦めています。完治はしないと。
腸の中身を総入れ替えする、くらいしないかぎり、くれこは永遠に便秘だと思います。

どうしても出ないときはコーヒーエネマです。
3日以上出てない時、または不快感があるときはコーヒーエネマで強制排出です。
便秘薬は一切やめました。コスパもいいです。

関連記事 コーヒーエネマは腸の断捨離

腸の断捨離にはコーヒーエネマ、というお話。

そんな感じで出ない時に臨時で取り入れていますが、
コーヒーエネマの開放感も捨てたものではないので、なんとなく続けています。

ちなみにコーヒーエネマを検討している方、
週1回とか10日1回しか便通のない人は危険なので、そのレベルの人にはコーヒーエネマはおすすめです。
直腸にコーヒー液を入れますのでひとまず強制的に出せます。

コーヒーエネマはちょっと抵抗がある、という方も多いですね。
浣腸ってちょっと嫌だわ、という人います。そりゃそうです。

コーヒーエネマは向き不向きがありますので、ほんとに追い詰められたら試してみればいいのではないでしょうか。

関連記事 コーヒーエネマに向かない人の3つの特徴はこれ

コーヒーエネマはキワモノなので、向かない人の特徴をかいています

そんな人にはまずはサウナが助けになるかもしれません。
ただ、過信してはいけません。
なぜかというと、現在ためすぎている人にはサウナだって太刀打ちできません。

溜め込みすぎている場合はサウナも効かない

サウナは体の良いローテーションを作るのに有効です。
なので、あまりにも溜め込み過ぎている人は、一度、出さないといけません。
下剤でもいいので、いつもの方法で、一度出しましょう。

超便秘状態でサウナいったら、逆に具合が悪くなるかもしれません。
気をつけましょう。サウナがいくら便秘によくても、即効性はありません。
中長期的に便秘改善するためと、思ってください。

サウナでの便秘改善、じつは「おまけ」だった

くれこがサウナに行き始めたのは別の目的でした。
当初の目的は「脳疲労の改善」でした。

サウナが「脳疲労」に効果があるということはご存知でしょうか?
極熱のサウナと極冷の水風呂を利用することで、脳を強制的に休ませる効果があるんです。
例の交感神経のスイッチでそれが可能なんですね。

この辺知らない人はもったいないので、もっと調べてみてくださいね。


そういう意味では、くれこにとって、サウナでの便秘改善は「おまけ」でした。
でっかいおまけに感謝している次第です。

サウナでいろいろなお悩みが解消できたのは、ほんとにラッキーです。

素人がなにいってんだ!というところはございますが、体験談ですのであしからず。

まとめます

話題のサウナ、意外にも便秘改善に役立ちそうな要素が満載です。
個人的にいいね、という点は下記の通りです。

  • 基礎体温の上昇が期待できる
  • 水分摂取が増える、水分摂取習慣がかわる
  • リラックスできる→痙攣性便秘に有効かも?
  • 自分のペースで行える

原因不明の超便秘の方、つらさを通りこして、もうなんだかわかんない、という感じですよね。
人にも相談しづらいですし、誰もわかってくれません。
くれこはわかります。めちゃくちゃわかります。

ゴボウとかさつまいもを散々食べた日
イチヂク浣腸しても、びくともしなくなった日
サプリのサンプルに飛びつく日
下剤の量が増え続けている日々…

わかります、すべてくれこが通ってきた道です。

他人には効果があっても、自分には効かない。だから便秘なんです。
きにしないで、駄目で元々、なんでも試してみましょう。

サウナがあなたの便秘に有効かは試して見なくてはわかりません。
でもサウナ入った分気分がいいので、それだけでもお得です。

もし、便秘解消につながったら、ラッキーと思ってください。

しつこいですが、とはいえ、サウナの基礎知識は重要です。


「医者が教えるサウナの教科書」はとても有益ですので、ぜひチェックしてください。
サウナの基礎知識知っているのと知らないのでは大違いです。

さらにしつこいですが、オーディオブックで聞き流すのに最適です。インプットが超楽です。
オーディオブック未経験の方はもったいない。けど、ある意味チャンスです。


初回は無料期間がありますので、「試し聞き」はしてみることをおすすめします。
Audibleを利用したことない方も、これをきっかけにサンプルだけでも聞いてみてください。


こちらはAudibleです。掃除しながら、移動しながらの読書(聴書?)に最適です。私は大好きです。

ここまでお読み頂きありがとうございました。